2012/11/28

ルームシェア







ローガン「不動産屋?」

ララ「そう。ローガン、知り合いに不動産屋がいるって言ってたでしょう?」



















ローガン「ああ。」

ララ「紹介してほしいの。アイビーにもね。」

ローガン「引っ越すのか。」

ララ「ええ。」













ララ「さすがにラトの分の家賃、二人で半分払うことになるとちょっと金銭的にね。」

ローガン「たしかにな。」

ララ「それに私とアイビーとじゃ、仕事の時間が真逆すぎて、一緒に暮らしててもほとんど顔合わせないことになるし。」

ローガン「そうか。」













ローガン「二人とも、一人暮らしか?」

ララ「う~ん。私はなるべくはシェアハウスを探そうと思ってるの。」

ローガン「シェアハウス?知らないやつと?」

ララ「私には一人暮らしはいろいろ不安も多いし・・・。それにこんな仕事だからセキュリティーがきちんとしてるところか、大勢で住んでるほうが安心なのよ。」

ローガン「・・・だったら俺と一緒に住むか?」

ララ「え?」









ローガン「ディーンと一緒に家見て回ってたとき、ちょうどいいマンションみつけたんだ。古いけどセキュリティーもしっかりしてて、俺にはピッタリだったから引っ越し考えてたんだよな。でもちょっと広すぎて、部屋が余るんだよ。」

 
ララ「あなたも引越しなんて、みんなそういうタイミングなのかしらね。」

ローガン「そうだな。お前が一緒に住むなら、敷金とかはとらないし。部屋も、俺が広いほう使わせてもらう代わりに1/3でいいよ。」












ララ「ホントに?それすごく助かる。」

ローガン「ああ。」

ララ「ちょっと・・・考えさせてもらってもいいかしら?」

ローガン「もちろん。部屋みてから決めていいし。」

ララ「そうね。」












ローガン「そうなったら俺のところ空くから、アイビーうちに引っ越せばいいんじゃないか?」

ララ「ローガンのマンションにアイビーが?」

ローガン「ああ。俺が大家に直接交渉できるから仲介料いらないし、それにうちならセキュリティーもしっかりしてるからアイビーも安心だろ。」














ララ「たしかにそうね。アイビーはあなたのマンション来たことあるの?」

ローガン「ない。」

ララ「じゃあ一度見に行くようにいっておくわね。」

ローガン「そうだな。もし嫌だったら不動産屋紹介するから。」

ララ「ええ。お願いするわ。」

































ジーナ「でもまさかあんなところで出会うなんて・・・。人生ってわからないものね。」

ディーン「そうだね。」

ジーナ「あなたのこと・・・気になっていたのよ。夫に強引に引越しを強要されてしまったから・・・。」

ディーン「やっぱりそうだったんだね。」












ディーン「今も、だんなさんと?」

ジーナ「いいえ。あのあと2年後に・・・あの人はマフィア同士の抗争で亡くなったのよ。」

ディーン「え・・・?」

ジーナ「私は皮肉にも未亡人となったの。それからこの街で夜の仕事をして暮らしているわ。」

ディーン「そうだったんだ・・・?」













ジーナ「でもね、今は幸せよ。私、10歳も年下の恋人がいるの。」

ディーン「ホントに?」

ジーナ「うふふw あなたと出会ってから年下好きになったのかしらね。でもとっても素敵な人よ。今働いてるスナックで出会ったんだけどね。結婚しようって言ってくれてるの。」
















ディーン「そうなんだ?おめでとう。」

ジーナ「ありがとう。今は結婚資金をためるために昼間の仕事とスナックで忙しいけどね。」

ディーン「大変だね。」

ジーナ「ディーンは?この前一緒にいた子、彼女なんでしょう?」

ディーン「うん。幼馴染だから付き合いは長いんだけど、交際をはじめたのは3年前なんだ。」
















ジーナ「そうなの。幼馴染だなんて素敵ね。女の子なら誰でもあこがれるシュチュエーションじゃない?」

ディーン「そうかな。」

ジーナ「そうよ~。結婚とかは考えてるの?」















ディーン「うん。最近同棲はじめたばっかりなんだ。ちゃんと順番を追ってからと思ってて。」

ジーナ「相変わらず真面目なのね。」

ディーン「そうかな。普通だと思うけど。」
















ジーナ「彼女のこと、大事にしてねディーン。」

ディーン「うん。もちろん。」

ジーナ「私・・・あなたに感謝してるのよ。」

ディーン「え?」















ジーナ「私は若いあなたを弄んで傷つけたわね。心も体も。」

ディーン「そんなこと・・・。」

ジーナ「でも私、あなたと一緒にいた時間は、すごく満たされてたわ。あなたに愛されてるって思えたから。」

ディーン「ジーナさん・・・。」














ジーナ「女って勝手よね。ごめんなさいねディーン。」

ディーン「いや・・・。俺も・・・いい経験したと思ってるし。ジーナさんのこと、本気で好きだったから。」

ジーナ「若かったものね。でも、大人になると愛だけじゃ突っ走れないのよね。私にはあなたが眩しすぎたわ。」














ディーン「たしかに・・・愛だけじゃ突っ走れないな。この年になってみたら。」

ジーナ「ふふっw あなたも大人になったわねディーン。」

ディーン「もう26だからね。さすがに大人にならないとw」

ジーナ「そうね。」














ジーナ「それにしても、あいかわらず甘いものが好きなのねw」

ディーン「ははっw 覚えててくれたんだ?」

ジーナ「ええ。あなたが来るときはいつもケーキを買って一緒に食べてたもの。私太っちゃったんだからw」

ディーン「そうだったんだ?ごめんw」














二人の笑い声は届かない。
ただ楽しそうな雰囲気は遠くからでも見てとれた。



















ラトーシャ「・・・・。」





















アイビー「おまたせ~。」

ララ「お風呂、もっとゆっくり入っててもよかったのに。」

アイビー「でも話があるって言われたら気になっちゃってw」

















ララ「たしかにそうねw ごめんなさい。」

アイビー「ううん。それで?引越しのことだよね?」

ララ「そう。ローガンに話したのよ。」

アイビー「ローガン、なんだって?」















ララ「一緒に住まないかって。」

アイビー「え?ララと?」

ララ「そう。ローガンちょうど引越しを考えてたんですって。」

















アイビー「そうなんだ?なんだかみんな時期がかぶっちゃったね。」

ララ「ディーンと家回ってたときにいいマンションがみつかったらしいんだけど、広くて部屋が余るらしいのよ。それでちょうどいいからルームシェアしないかって。」

アイビー「へぇ~。いいね。ローガンなら安心だし。」














ララ「ええ。それで今度そのマンションを見に行くことになったの。」

アイビー「そっか~。家賃は?折半するの?」

ララ「ローガンが1/3でいいって言ってくれてるの。」

アイビー「それいいね。マンションならここよりは高いだろうけど、街にも近いし。」

ララ「ええ。」












ララ「それでね。ローガンが引っ越したら、アイビーがローガンのマンションに来ないかって。」

アイビー「ローガンのマンション?」

ララ「ええ。街中にあってセキュリティーも万全だし、ワンルームでちょっと狭いけど一人にはちょうどいいわよ。」

アイビー「そうなんだ?」

ララ「それにローガンのところなら大家さんに直接交渉してくれるらしいから仲介料いらないそうよ。」













アイビー「ホントに?それいいな。見に行ってみたい。」

ララ「今度遊びに行ってみるといいわよ。ローガンもおいでって言ってたし。」

アイビー「うん。そうしてみる。」

ララ「アイビー、本当にロミオさんと同棲はしないの?」












アイビー「うん。同棲する気は・・・ないかな。・・・お互いに。」

ララ「そう・・・。」

アイビー「うん。」


















ララ「うまくいってるの?ロミオさんと。」

アイビー「うん。うまくいってるよ。」

ララ「そう・・・。ならよかった。」

アイビー「うん。」















アイビー「ローガンに連絡してみるね。」

ララ「そうね。そうしてちょうだい。」

アイビー「うん。」






6 件のコメント:

  1. こんにちわーv今回も楽しみにしていましたv
    裏ブログの方ではプライベートがとても忙しそうなので
    更新速度のスロー化はいなめないだろう…我慢しよう…と思っていた私ですが

    流石なで肩先生です、執筆の速さがとんでもねーですな!
    私も頑張らねばとさっき次の話のSS撮りに行ってきましたよ(遠い目)
    なで肩先生の作業の速さを見習いたいと思います!

    そして今回!
    うおおおお!!マジで??ローガンと…同居…
    まあ幼馴染だしね、同居って言っても部屋は別のルームシェアだから
    男女の関係?いやーありえんですわ~♪
    と、本人たちが思っててもウフレに甘んじてるリアとしてはどう思うのか…
    「え?ローガンそれってあのララって子?(そわそわ)」
    ってなっちゃうよっ!!!><
    何だかジワジワと波乱の予感…

    そしてアイビーちゃんも1人暮らしですか…
    おい…連れ込み放題だな!と思った下品な女ですコンニチワ

    うわー…しかしね~…これって…
    言い換えれば家に帰っても相談できる相手いないよね?
    今まではラト&ララがいたけども…アイビーちゃんて仕事、ロミオ家、シェアハウスのいずれかですもんね(日常行動範囲が)

    家に…ロミオか、ジーン…来たりして…
    いや、ロミオは自分から行かなさそうだけどもアイビーちゃんが呼んだりして…
    わ~妄想が膨らむんですけど!なで肩先生!どうしてくれるのよぉ~vvv

    そしてそして!!!おい!!ジーナさんと会ってますやんか!!!
    しかし、ただの昔話のようですね~お互い若かったわね~な
    あの当時のディーンと言ったら覚えたての猿も当然だったし
    そんな真っ直ぐなピュア少年にトキメク人妻でしたしね

    むしろあのダメな旦那さん御臨終だったんですね!!
    マフィアの抗争で死亡とか…
    あの旦那を見る限り捨て駒的な戦死だったんじゃね?とすら思える…DV野郎でしたしね

    今は年下男性と付き合ってそれなりに充実した人生を送っているようですね~v
    ジーナさんにとってもディーンは過去の人みたいで
    今やお互いに「昔はどうも~vお互い頑張りましょv」な感じのようですね^^

    と言う雰囲気が…窓ガラス越しに伝わってるわけないよね…
    ラトいたー!!!!やっぱ女の勘ですか…
    やはりあのメールでしょうね…
    メールいいの?→いや大丈夫…→おい何か隠してんじゃねぇだろうな→尾行しちゃう

    うーん、分からんでもない!
    まっすぐな男ディーンですからね、ウソとか付かないし(むしろつけない)
    そんな彼が何か誤魔化すように話しそらしたら誰だって「?」と思っちゃいますよね><

    むしろこっちのが波乱な気すらする!!!
    あーもう!続きが気になりますvvvvv

    返信削除
    返信
    1. >SACHICOさん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      やる気を出していただいたようで嬉しいかぎりです(*´∀`*)
      私の場合、休みの日に一気に撮影をして撮り溜めしてますので、まだしばらくの分は余裕があるんですよ( ̄ー ̄)ニヤリ
      ただ平日の夜の時間が短くなった分、みなさんのブログへの訪問が遅れるかもしれません(;´Д`)
      SACHICOさんが本編の続きを書いてくださったのなら即効で読みにいきますけどね!!

      そしてここにきてまさかのララ&ローガンのシェアハウスの可能性が出てまいりました~!
      この二人がシェアしたら面白そうだな~と個人的には思っていたりしますw
      男女の友達としてはすごく相性のいい二人ですしね~。
      恋愛意外の性質的なものはすごく似ているし。

      そしてアイビーも一人暮らしですね(´∀`)
      でも、アイビーは元々あまり人に相談したり愚痴ったりしない子なのでね。
      ただそれをどこで発散するのか、ってことになりますよね。
      こういうタイプの子って、自分の中に溜めちゃってたまりすぎると爆発しちゃいますからね~。
      それが心配です(;´Д`)
      ロミオ、自分からいかなそうですよねwww

      そしてディーンはジーナさんとの密会( ̄ー ̄)ニヤリ
      密会といってもただの昔話なんですがw
      お互い10年も過ぎて、その間の近況報告ってカンジですね~。
      ジーナのあのDV旦那は亡くなり、ジーナは未亡人になっていますが、もしまだ一緒だったらきっと彼女は今のようにはなってなかったでしょうね。
      ジーナは寂しかっただけで元々悪い人ではないですし、今は素敵なフィアンセもいるようなのでディーンも安心して密会してますね(´∀`)
      ただそれをこっそり見ているラトがそう思ってくれているのかが問題でw
      これどうみても会話の内容聞いてなかったらデートですしね~。
      しかも嘘ついて昔の女と会ってるし。
      ディーンは昔の女とはいっても、ジーナとの別れが突然すぎたことと、その後どうなったかもすごく気になっていただろうし、会って話したいと思うのは普通だと思うんですよね。
      ただそれを、優しい嘘だとしても、彼女であるラトに内緒で二人で会ったのはちょっとまずかったですよね~。
      ラトも鋭いのでアンテナビンビン立っちゃってますし(;´Д`)
      こっちのほうが完全に波乱ですw

      削除
  2. なで肩さんこんばんは^^
    なんとララちゃんとローガンくんが同居?!
    そういう関係じゃないとはいえ、男女が1つ屋根の下で?!
    この2人に限ってそういうのはないとは思うんですが、なんか・・・え~ちょっとドキドキしますねww
    てかリアちゃん知ったらどうするんでしょうかねww

    ローガンくんの空いた部屋はアイビーちゃんが入ることになるっぽいですねw
    1人になったらどうなるのかなぁw
    ララちゃんには上手く行ってるると言いつつ、実際はかなりモヤモヤしてますよね・・・(´・ω・`)
    時間が合わなくてもララちゃんと一緒のままの方がよかったんではないか、とか思ったりもしちゃいますよね~、もう少し安いところとか探してw
    なかなか難しいですね(TωT)

    そして、ディーンくんとジーナが話しているところをあんなところからラトちゃんが見てしまった・・・(´Д`|||)
    これはヤバイですって!!!
    こないだの嘘と言い、コソコソ会って(ディーンくん的にはコソコソのつもり無いと思うけどw)、こんなの絶対誤解しちゃう!!
    ラトちゃんも、ズバリ「あれ何?!」みたいに聞けずに悩みそうな感じもするしなぁ・・・
    やだなぁ・・・どうなるんだろう・・・・

    返信削除
    返信
    1. >ゆきさん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      ここにきてララとローガンのルームシェアの可能性がでてきました!
      たしかに、男女の友情という絆で結ばれている二人ですが、そうはいえ女と男ですからね( ̄ー ̄)ニヤリ
      まぁリアが知ったら大変なことになりそうですねw
      嫉妬の炎が~(;´Д`)

      アイビーは手っ取り早く(私的にw)ローガンのマンションにお引越しとなりました♪
      あの部屋は一人暮らしにちょうどいいんですよねw
      ララとアイビーの二人暮らしですか~。
      そうなると愚痴っぽいララがアイビーに恋愛相談できない(ジーンのことを)し、アイビーはアイビーで愚痴らない子だしで、お互い気つかっちゃいそうですよ~。
      仲はすごくいいんですけどね~(;^ω^)
      起きたら一番におしゃべりしにいくくらいなのでw
      アイビーが気つかわなくてもララが気使いそうな・・・。

      ラトはディーンのことを尾行していたようです( ̄ー ̄)ニヤリ
      この子、一途ですから粘着質でもあるんですよね。
      しかも昔のように片思いではなく、いまはすでに彼女という立場。
      嫉妬がすごそうです(;´Д`)
      たしかにディーンはコソコソしてるつもりはないようですが、ラトからみたらどうみても密会ですからね~。
      この二人も安心とはいえなくなってきちゃいましたw

      削除
  3. こんばんわ!
    ララちゃんとローガン君、何もないとは言え、一緒に暮らすってマズくないっすか?
    リアちゃんとララちゃんの修羅場が見れる、そんな気が・・・・w
    アイビーちゃんも1人暮らし、大丈夫かなあ?
    大丈夫だと願いたい;;
    ラトちゃん、疑ってますね;;
    これでまたジーナさんから「また誘うわね」って来たら当然ディーン君OKするし・・・
    そうなったら大変な事が起こりそう・・・;;
    どうなるのだー!w

    返信削除
    返信
    1. >どーるぃさん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      男女のルームシェアは本人同士はよくても他人からみたら「ちょっとそれやばくない??」と思いますよねw
      私の友達に男二人と3人でルームシェアしてる女の子がいたんですが、本人たちは全く怪しい関係にはなっていませんでしたよwww
      しかしリアからしてみたら「ありえない!!」ですよね(;´Д`)

      アイビーの一人暮らしもどうなるでしょうね~。
      ロミオとの関係がうまくいっていないので、自宅にいることも多くなりそうですしね・・・。
      ジーンがやってくる前のように、しょっちゅうロミオの家に通い妻してて自宅に帰らない、なんてこと、いまじゃないですからね・・・。
      ララが「うまくいってるの?」と聞いてきたのも、同棲しないという問題もあると思いますが「最近よくシェアハウスに帰ってきてるけど~」という意味も含まれていたりします。

      ラトとディーンも安定カップルとはいえなくなってきましたね(;´Д`)
      この二人が一番緊急な気もしますw

      削除