2013/02/03

少女の影








アイビー「遅くなってごめんね~。撮影が長引いちゃって・・・。」

ローガン「いや。」


















ローガン「こっちこそ、急に悪かったな。」

アイビー「ううん。もしかしてずっとここで待ってた?寒かったよね?」

ディーン「さっきまでウェイロンの店で呑んでたから大丈夫。」

アイビー「そうなんだ?よかった。」











アイビー「卒業アルバムだっけ?」

ローガン「ああ、中学の。あるか?」

アイビー「あるよ~。私そういうの全部実家から持ってきてるんだ~。」

ディーン「お前が持っててくれて助かったよ。」











鍵を開けて三人が中へ入る。


アイビー「コーヒーでいい?」

ディーン「うん。それより先にアルバム見せてほしい。」














アイビー「いいけど・・・。なんでそんなに急いでるの?」

ディーン「あとでちゃんと話すから。」

アイビー「うん。え~っと、たしかこの辺に・・・。」















アイビー「あった。」


アイビーが一冊の本を引っ張り出す。

















アイビーがコーヒーを入れている間に、ディーンがさっそくアルバムを開く。


ローガン「どうだ?みつかりそうか?」
















ディーン「えっと、エミリー・・・なんだっけ?」

ローガン「エミリー・ガイルスだよ。」

ディーン「ガイルスね。エミリー、エミリーっと・・・。」
















アイビー「エミリー・ガイルスって、同じクラスのエミリーだよね?」




















ローガン「知ってるのか?」

アイビー「知ってるもなにも、3年のとき同じクラスだったもんw」

ローガン「どんなやつだったか、覚えてるか?」
















アイビー「たしかエミリーちゃん、ディーンのこと好きだったんだよね。」

ローガン「マジで?」

アイビー「うん。でも他のクラスの子たちから、それでいじめを受けてたって噂で・・・。」













ディーン「いた!」

ローガン「どれだ?」

ディーン「でもこれ・・・・。」















ディーン「これじゃわかるわけねーよ。別人じゃん。」




















ディーン「俺全然覚えてねぇ・・・。」

ローガン「アイビー、よく覚えてたな。」

アイビー「うん。私、共通点あったし。」

ローガン「共通点?」















アイビー「エミリーちゃんは、いっつも一人で本ばっかり読んでるおとなしい子だったんだ。」

ディーン「そんな子、いたっけ・・・?」

アイビー「いたよ~。私も本読むの大好きだったし、席も近かったから何度か話しかけたりしてたんだよね。あんまり返事はくれなかったけど・・・。」

ローガン「へぇ~。それでさっき言ってた、なんだっけ?いじめがどうとか・・・。」









アイビー「エミリーちゃん、ディーンのこと好きだったみたいなんだけど、それで他のクラスの子に目つけられちゃったんだ。」

ディーン「なんでだよ。」

アイビー「ディーン、中学のとき結構人気あったんだよね。他のクラスにファンクラブとかできてて。」

ローガン「そいつからかいじめを?」











アイビー「ていう噂だった。エミリーちゃんも、ある日を境に完全に自分の殻に引きこもるようになって・・・話しかけてもなにも言ってくれなくなったんだ。」

ディーン「そうだったのか・・・。」

アイビー「ディーン、ホントに全然おぼえてないの?」

ディーン「ああ・・・・。」












ローガン「お前、中学のときはモテてたんだな。」

ディーン「まぁな。学級委員やってたしな~。部活は入ってなかったけど、スポーツは普通にできてたし。」

ローガン「アルバムみたらかわいい顔してるもんな。俺がショタならまっさきにお前誘拐してるわ。」

ディーン「おいw」












アイビー「でもどうしてエミリーちゃんが、ディーンにそんなこと・・・・。」



















ディーン「そうだよな。好きだったんなら脅しなんかしないで・・・。」

ローガン「復讐って説もあるぞ。」

ディーン「なんだよそれ。」

ローガン「元を辿ればいじめられたのはお前のせいなんだから。愛情が裏返って憎しみに変わったのかもしれないしな。」

ディーン「マジでやめてくれよ。」










ディーン「もうどうすりゃいいんだよ・・・。」

アイビー「ローガン、なにか策はあるの?」

ローガン「そうだな~。今の話じゃ相手の弱点にはならないしな。もう少し探偵に探ってもらうしかないか。」















ディーン「もうあと三日しかないのに・・・。」

ローガン「弱気になるな。あと三日もある。」

アイビー「そうだよディーン。」
















ローガン「アルバムで実家の住所はわかったんだし。家族に連絡とってみるか。」

アイビー「それいいね。」

ローガン「引っ越してなければいいんだけどな。」















時刻は深夜を回っている。
車からディーンが降りてくる。


















ディーン「ただいま~。」


明かりのついているリビングへ入る。


















ラトーシャ「おかえり。」

ディーン「まだ起きてたんだ?って・・・これ・・・・どうしたんだ?」


テーブルに並べられた料理の数々に驚愕する。














ラトーシャ「ディーン、座って。大事な話があるの。」

ディーン「う、うん・・・。」













ディーン「。(まさかもうあれがバレたんじゃ・・・。この豪勢な料理は・・・離婚して慰謝料wktkのお祝いなんじゃ・・・。) 」




















ディーンがソファーに腰掛ける。


ディーン「話って・・・なに?」

ラトーシャ「あのねディーン。私今日、病院行ったの。」

ディーン「うちの?」

ラトーシャ「うん。産婦人科だけど。」

ディーン「え?」










ラトーシャ「おめでただって。4週目。」

ディーン「え・・・おめでた?」

ラトーシャ「私、妊娠してるの。ディーン、もうすぐパパになるのよ。」















ディーン「それ、ホントか?」

ラトーシャ「うんw 私も予想してなかったからびっくりだったんだけどね。」

ディーン「マジで??」

ラトーシャ「うんw ホントだってばw」














ラトーシャ「昨日ね、料理してるときに吐いちゃったんだ。それで流行りの風邪かと思って病院行ったの。そしたら風邪じゃなくてつわりだったんだってw」

ディーン「大丈夫なのか?」

ラトーシャ「うん。食べ物のにおい嗅ぐとちょっと気持ち悪くなっちゃうから、あんまり料理できないけど・・・。だから今日の料理もぜんぶ買ってきたものなんだけどねw」

ディーン「全然いいよ。」










立ち上がってディーンがラトーシャを抱きしめる。


ディーン「マジで嬉しい。ラトのおなかに赤ちゃんいるのか。すげえな!」

ラトーシャ「ははっw 不思議だよねw」














ラトーシャ「でもよかった。ディーンが喜んでくれて。」

ディーン「当たり前だろ。ずっと子供欲しかったんだから。」

ラトーシャ「そうだよね。」
















ディーン「体しんどくない?つらかったら仕事、辞めたほうがいいんじゃないか?」

ラトーシャ「そうだね・・・。とりあえず産休もらえないか聞いてみるけど、無理だったら辞めようかな。」

ディーン「そうだよ。産んだあとだってすぐには復帰できないんだから。もう辞めて主婦業に専念してくれていいんだよ。」













ラトーシャ「そうだよね・・・。私も、小さい子に寂しい思いさせたくはないし・・・。仕事はやろうと思えばいつでも戻れるもんね。」

ディーン「そうだよ。ラトだって子供の面倒で大変になるだろうし、よく考えて決めろよ。」
















ラトーシャ「うん。ディーン、ありがとう。」

ディーン「俺ももっともっと仕事がんばらないとな~!」

ラトーシャ「ディーンもあんまりムリしないでね。」

ディーン「もちろんだよ。」













ディーン「もしかして・・・サンリットのときの、かな?」

ラトーシャ「そうだと思う・・・////」

ディーン「やっぱりそうかw 予定日はいつなんだ?」

ラトーシャ「8月だって。」

ディーン「8月か~。楽しみだな!」





6 件のコメント:

  1. こんにちわーvv
    今回も楽しく読ませて頂きました(~o~)

    ちょvv卒業アルバム!!すげー!!!!流石に芸が細かいですねvv
    関心しつつもそんな関心は一瞬で吹き飛びましたよ
    ちょとおおおおお!!!!同級生ー!!同級生ー!!!!!!

    パンサムいるし!!!山根やスッピン二丁目にチャドさんまでおるやないかー!!!!!(笑)
    タミ子どころじゃねぇわっ!!!www
    どんだけ濃いメンツ揃ってるんですかこのクラス!!ww
    とりあえずパンサムと同じ班にだけはなりたくないwww

    そんでもって肝心のタミ子ですが…
    初期型のタミ子!!!面影ない…ほんとに全身整形なんですねー
    しかもアイビーちゃんはちょくちょく話しかけていたみたいで…
    イジメか~イカンですよねそれは、また男がらみの女のイジメってのは理不尽ですからね
    うちのエリザも大学時代にイジメられておりましたが
    同じく男がらみ…タミ子と違うのはディーンがタミ子の事アウトオブ眼中だった事ですよね
    片思いすらイジメの対象になっちゃうとかどうしようもないですもんね

    しかしね!だからと言って幸せな家庭を崩すような真似をする理由にはならんのですよ!

    ローガンの言う通り愛情が裏返った可能性、私もこれにピンときております
    そんな中、ご馳走用意して待ってる愛妻ラト…
    妊娠発表に全力で喜んでおるディーン、益々タミ子の件は言いづらいですな

    あ!本編の新作を更新したんですがv
    なで肩さんのポーズ使わせて頂きましたvv(*^_^*)
    あとがきでも紹介させて頂いておりますので、また目を通して頂ければと思います♪

    ではまた次回も楽しみしておりますーvvではでは♪

    返信削除
    返信
    1. >SACHICOさん

      コメントこちらにもありがとうございます(´∀`)
      卒業アルバム、ようやくお披露目できて満足ですwww
      作ったの結構前なんですよ~。
      意外にいい出来でしょう?( ̄ー ̄)ニヤリ
      これ、裏ブログのほうに全貌載せましたので是非ご覧いただきたい!!
      全員ティーンにしてあるのでアップでみるとよけいに笑えますよw
      メンツ濃すぎですよねwww
      ディーンたちの出身がショアだったのでショアのデフォシムさんたちを厳選いたしました( ̄ー ̄)ニヤリ
      このクラス、よくみたらパンサム5人いますからねwwww
      こんなクラスやだよwwww

      タミ子初号機は面影ないですね~。
      元のタミ子をあそこまで(メガネタミ子)もっていくのが逆に面白かったですw
      写真じゃわかりずらいですが、アップひどいですよwwww
      まぁ薄々お気づきだとは思いますが・・・そのうちでます( ̄ー ̄)ニヤリ

      そうそう、そういえばタミ子とエリザさんは境遇が似てますね~!
      学生時代に好きな男のことでいじめられてたってところが。
      しかしタミ子のほうはディーン気づいてさえいませんからね。
      むしろ悲しいかな記憶にさえないっていうね・・・。
      タミ子号泣もんですよ。

      まぁしかしそんなことは関係ないですからねいまさら。
      もう昔の話ですしおすし。
      過去に好きだった男だとはいえ、その人の家庭を壊すようなことはしちゃだめですよね。
      タミ子がなにを考えてるかは謎ですが、ラトにだけは被害が及ばないように祈りたいですね~。

      そしてSACHICOさんのところの本編、先ほど読ませていただきましたよ(ノ´∀`*)
      コメントにも書いたのですが、ポーズ使っていただいてありがとうございましたm(__)m
      いつもいつもわざわざご紹介くださってありがとうございます!
      そして今回人気投票で使用したローガンのおいでポーズ、配布しておりますので是非SACHICOさんのところのイケメンさんたちでやってほしい(*´Д`)ハァハァ
      ノウズ3兄弟ももちろんなんですができれば男子寮のほうも是非wwww
      SSアップ期待しております(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ

      削除
  2. なで肩さんこんにちは^^

    まさかのジャスミンさんの正体ww
    彼女、昔、ディーンくんの事好きだったんだ?!まあ何かしらあるかな~とは思ってたんですが、そういう事だったのかwww
    しかも、それが原因でいじめられていたとか(´・ω・`)
    今やってる事は、復習のようなものなんでしょうかね?
    でもだとしたら何故今更?って感じもしますが・・・
    あんなに目立たない地味な子だけど、たまたまアイビーちゃんの印象に残ってて、そんな裏まで分かったのはすごい収穫じゃないですか?!
    これだけでも分かれば、行動の範囲も広がりますしねw

    それにしても。卒アルの写真に爆笑しましたよwww
    当たり前だけど、これも作ったんですよね?!うっわ~~wこれいいな~~www
    このクラスに在籍してみたいww(爆)何これ最高www
    てか兄様方をこのクラスに不良として投入してパンサムさんとかパシリにして欲しいwww

    ラトちゃんはケーキ用意して妊娠の報告!!
    「まさか・・・」とドキッとしてしまったディーンくんですけど、妊娠の報告に本当に嬉しそう!!
    この家庭だけはなんとしてでも守らなきゃならないですねw

    返信削除
    返信
    1. >ゆきさん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      ジャスミンの正体、ようやく判明しましたね!
      ディーンは記憶にさえ残っていませんでしたが、アイビーはしっかり覚えていました。
      思春期の頃って、好きな人がかぶった、とかそんな些細なことでもいじめに発展したりしますからね~、特に女子は陰険ですからw
      タミ子(ジャスミンですwSACHICOさん命名)は容姿もそうですが根暗な性格もあって、いじめの対象になったんでしょうね。

      そして卒アル、喜んでいただけて満足ですよ(*´ω`*)
      これ作るの結構大変だったんですが、すっごく楽しかったし、みなさんにも楽しんでいただけたようでやりがいがありました~\(^▽^)/
      ゆきさんも是非悪世帯で卒アル作ってみてはいかがですか(*´Д`)
      ちょwwwこのクラスに在籍wwwwやばいですってwwww
      このクラスなにげにパンサム5人いますからねwwww
      兄様方、殴っても殴ってもパンサムエンドレス状態になりますよwwww

      ラトはケーキやご馳走を用意して深夜まで待ってましたね~(ノ´∀`*)
      よほど嬉しかったんでしょうね!
      いきなり何事??とディーンもヒヤヒヤしていましたが、おめでた報告を聞いて大喜びしてましたね(*´ω`*)
      ラトだけは守らないとですよね。
      ローガンに最初相談したときも「ラトだけいればそれでいい」って、ディーン自身も言ってましたからね。

      削除
  3. こんにちは^^
    偏頭痛がだいぶ良くなってきたのでお邪魔してますw

    結構シリアスな展開なのにアルバムの写真見て噴いた私です(爆)
    アメブロの方の記事も見せていただいたんですけど、フィネガン・・・いや、パンサムと呼ばせていただきましょう!!!(笑)
    ティーンになってもなんて顔がデカいんだwww
    あはははははっ
    あまりにもみんなより顔が一回り大きいので爆笑でしたよ(^^;

    まぁ、それは置いといてw

    例の彼女、ディーンのこと好きだったんですね。
    そっかぁ・・・
    いや、今回の記事を全部読み終わった後、まさか彼女、ディーンのファンたちの悪質な嫌がらせで、レイプされたとか、そんなことないよね・・・とか思ったりした私です。
    アルバムを見る限り、確かに垢抜けてはいないけれど、そんなに不細工そうな見た目でもなさそうだし、女の子はお化粧や髪型や服装でもかなり可愛くなれるから、整形したのって単に自分の見た目に自信がなかったとかじゃなく、相当嫌なことがあって今までの自分を殺してしまいたかったとか、なにかディープでハードな経験からくる動機があったんじゃないかなんて思っちゃいました。

    まぁもしそうであったとしても、私はやっぱり彼女がディーンにしようとしたことは受け入れられないけど・・・

    あと、ラトの妊娠報告、ディーンは素直に喜んで受け入れましたね^^
    良かったです~~(〃´o`)ホッ
    今、ラトは大事な時期だし、このままラトに悟られることなく、ディーンたちだけでうまく問題解決できるといいですね^^

    返信削除
    返信
    1. >マリーさん

      コメントありがとうございます(´∀`)
      体調のほうは大丈夫ですか?
      あまり無理しないように気をつけてくださいね~><
      訪問してくださって嬉しいです(*´∀`*)

      アルバム、ようやく出せてすごく満足してますw
      もう作った瞬間早くみんなにみてほしくてwww
      パンサムはね、通常でも顔でかいのをわざとアップめにしてあるのでよけいにでかく見えるんですよw
      ホントははみ出すくらいにしようかと思ったんですが、さすがにやりすぎだろうと・・・(´・ω・`)

      アイビーによってジャスミンの過去が明らかになってきましたね。
      さすがマリーさんは勘が鋭い( ̄ー ̄)ニヤリ
      ジャスミンの過去は次回あたりに判明しますのでお楽しみに!

      ジャスミン不細工そうでないですか?w
      アップでみるとなかなかやばいですよwww
      アルバムじゃメガネも反射してよくわかりませんしね。
      それにしてもなるほど、マリーさんは観察力がホント鋭いですね!
      たしかに、普通全身整形するほど自分を変えたいって思いませんもんね。
      ジャスミンはよほど自分が嫌いだったのかもしれませんね・・・。

      ディーンは大変なときですが、ラトの報告は素直に喜んでいましたね~。
      以前よりさらに、ラトを大事にしたいという思いが強くなったんじゃないでしょうか。
      もう一人の体じゃないですからね~。
      ホント、ラトに負担をかけず、この問題が早期解決してくれることを願うのみですね!


      削除