2014/07/27
































スタジオにカメラのシャッター音が響き渡る。


マリオ「いいね~。次もうちょっと上目遣いで。」


ドアが開いてリリィが入ってきた。


















マロン「あ、おはよ~リリィちゃん。」

リリィ「おはようマロン。撮影長引いてるの?」

マロン「うん。ちょっとだけね。」



















リリィ「・・・・誰?」

マロン「ああ、ロミオくん?」

リリィ「ロミオ・・・?」

マロン「ミランダちゃんが連れてきたんだ。弟だって。」

















リリィ「あ~、そういえばそんなこと言ってたわね。(弟みたいなやつがいる・・・って。) 」

マロン「リリィちゃん知ってたんだ?そういえばこの前家に泊めてたもんね。」

リリィ「ええ。」

マロン「仲良くなれた?」

リリィ「まぁね。」

マロン「さすがリリィちゃん。」












リリィ「なかなかイケメンじゃない。」

マロン「だよねぇ?まだ14歳なんだって。」

リリィ「へぇ~。」

マロン「さっきケイトリンちゃんのマネージャーにも散々スカウトされてたんだけどね。本人はその気ないみたいだよ。名刺もすぐ捨ててたの、僕見ちゃったw」

リリィ「そうなんだ?」













リリィ「 (14には見えない風貌ね。身長は私よりちょっと低いから・・・162かそのくらいかしら?でも・・・足も大きいし、きっとこれからどんどん伸びるわね。) 」


ロミオは黙ったままじっと一点を見つめている。




















それは中央でポーズをとるミランダではなく、カメラを構えるマリオだった。


マリオ「いいねその目!ぞくぞくするよミランダ。」


静かなスタジオにはシャッター音が鳴り響く。















マリオ「よし!今日はもうあがっていいよ。お疲れ。」

ミランダ「お疲れ様でした。」





















すかさずロミオが声をかける。


ロミオ「あの・・・。」

マリオ「ん?」

ロミオ「それ、見せてもらってもいいですか?」
















マリオ「なんだ?カメラに興味あるのか?」

ロミオ「はい・・・すごくかっこよかったから・・・・。」

マリオ「そうか?ありがとうw」

ロミオ「・・・・。」















マリオ「触ってみるか?」

ロミオ「え?いいんですか?」

マリオ「ああ。壊すなよw」

ロミオ「はいっ!」

















カメラを受け取ったロミオが恐る恐る構える。


ロミオ「すげぇ・・・・重い。」

マリオ「ははっw そいつは昔のもんだからな。今のデジカメなんかと違って重いのさ。」

ロミオ「へぇ~・・・・。すごい・・・かっこいいですね!」

マリオ「ははw ありがとう。」















マリオ「なかなかいい構えだ。」

ロミオ「・・・そうですか?」

マリオ「ああ。・・・・カメラに興味があるなら、また遊びにおいで。」




















ロミオ「え・・・?いいんですか?」

マリオ「ああ。今度現像するところなんかも見せてあげるよ。」

ロミオ「っ・・・すげぇ見たいです!」

マリオ「そうか?」

ロミオ「はい!」















マリオ「君、働いてるんだっけ?」

ロミオ「はい。朝の新聞配達と・・・昼間は工事現場で。」

マリオ「じゃあ夜は時間あるのか。」

ロミオ「はい。」

マリオ「暇なときに遊びに来るといい。俺も人手が足りないから助手を探してたんだ。」















ロミオ「ほ・・・ホントにいいんですか?」

マリオ「ああ。たいしたバイト代は払えないけどなw」

ロミオ「バイト代なんていらないです。」

マリオ「そうか。まぁ・・・ここはモデル事務所の人間も出入りするから、君ならすぐいいバイトが見つかるさ。」



















ロミオ「・・・俺はそういうのは・・・。」

マリオ「そうか?いい金になると思うけどな~。」





















数週間後。






















ロミオ「・・・よっと。」


スタジオのドアが開いてリリィが入ってくる。


リリィ「おはよ~。」

















ロミオ「リリィ、おはよ。」

リリィ「あんたまた来てたんだ?なに?片付け?」

ロミオ「うん。」

リリィ「あれ?マリオは?」

ロミオ「いま買出し行ってる。」

リリィ「そっか。」













ロミオ「・・・・。」

リリィ「なによ。私に見惚れてるの?」

ロミオ「はぁ?んなわけないだろ。」

リリィ「あっそ。」

ロミオ「前から思ってたんだけどさ。」

リリィ「?」














ロミオ「リリィってホントファッションセンスないよな。なんだよそのキャラクター。妖怪か?」

リリィ「うるさいわね。こういうのきもかわいいっていうのよ。」

ロミオ「お前・・・ホントにモデルかよ?」

リリィ「あんた人のこと言えるわけ??」

ロミオ「なんでだよ?」
















リリィ「なにそのTシャツ。」

ロミオ「かっこいいだろ。マリオさんにもらったんだ。」

リリィ「それ日本語でしょ?意味わかってんの?(たしかあれオタクとかが着るやつよね?) 」

ロミオ「日本語なんかわかるわけないだろ。クールジャパンだよ。」

















リリィ「・・・・わかってないならいいや。」

ロミオ「なんだよ。リリィ読めるのかよ?教えろよ。」

リリィ「いや、いい。」

ロミオ「はは~ん、どうせ読めないんだろ。」

リリィ「・・・・。」














リリィ「ミラは?」

ロミオ「今日はほかの仕事だって。」

リリィ「そうなの?あんた一人で来たの?バイトは?」

ロミオ「工事現場は雨で休みだから朝の新聞配達だけ。」


















リリィ「あんた、ちゃんと寝てる?ご飯食べてるの?」

ロミオ「うん。飯はいっぱい食ってるぞ。時々マリオさんが奢ってくれるし。」

リリィ「そう・・・。若いからってあんまりがんばりすぎるんじゃないわよ。」

ロミオ「なんだよ急にばばぁみたいなこと言って。」

リリィ「ミラは?あの子細いけど食欲ある?」

ロミオ「うん。食事制限はしてるみたいだけど、ちゃんと食べてるぞ。」

リリィ「そう。ならいいの。」











リリィ「じゃあね。」

ロミオ「おう。」





















ロミオ「・・・・?」














































マネージャー「またそんな格好して。」

ミランダ「・・・・。」

マネージャー「この前買ったワンピースは?」

ミランダ「クリーニングに出してる。」






















マネージャー「しょうがないわね。途中で買って行きましょう。・・・・まったく、時間ないっていうのに。」

ミランダ「どうせ着替えるんでしょう?」

マネージャー「それはそうだけど。ホテルハルトンにそんな格好でいけるわけないでしょう?」

ミランダ「今日はどの親父?ハルトンってことは政界?」

マネージャー「シッ。声が大きいわよ。」
















ミランダ「・・・・・。」


ミランダが小さくため息をつく。


マネージャー「すいません、この先のブティックで止めてください。」

運転手「かしこまりました。」















マネージャー「ミランダ。」

ミランダ「なに?」

マネージャー「あなたちゃんと寝てないでしょう?肌が荒れてるわよ。」

ミランダ「・・・ちょっと眠れなかっただけよ。」

マネージャー「モデルにとって睡眠がどんなに大事か教えたでしょう?」

ミランダ「・・・・・。」

マネージャー「・・・・まったく。」













バッグから小さな薬瓶を出しミランダにそっと握らせる。


ミランダ「・・・これなに?」

マネージャー「薬よ。」

ミランダ「睡眠薬?」

マネージャー「違うけど、もっといいものよ。精神安定剤みたいなものかしら。」

ミランダ「・・・・。」

マネージャー「また欲しくなったらいいなさい。」





































深夜。






















帰宅したミランダがアパートの玄関を開け中へと入る。






















古い壁紙からは少しカビ臭い匂いがする。
室内にあるのはロミオが拾い集めてきたソファーにテーブル。
テレビも型が古く、ボタンはひとつ外れている。
ミランダにとっては心地良いとは言いがたい部屋だ。
それでも一番落ち着ける場所だった。


















ミランダ「ロミオ、帰ってる?」


ドアを開けてロミオの寝室に入る。





















ロミオは眠っているようだ。
小さく寝息が聞こえる。


ミランダ「・・・・。」











































ミランダが静かに部屋を後にする。
すぐ隣の自分の寝室へと入る。





















ロミオの部屋より少し狭いこの部屋はミランダ自身が選んだ。
小さい頃に両親と暮らしていた自らの子供部屋と、少し似ている気がしたからだ。
部屋に入ると小さくため息をもらす。




















ポケットから薬瓶を取り出し、中身を出してみる。
白い錠剤は普通の風邪薬のようにも見えた。























ミランダ「 (精神安定剤みたいなものって言ってたけど・・・・あの事務所だもの。信用できないわね。) 」






















服を脱ぎ捨て下着姿になると、そのままベッドへともぐりこむ。


ミランダ「 (疲れた・・・・。あんなもの飲まなくても今ならぐっすり眠れそう。) 」






















しばらくするとミランダの寝息が聞こえてくる。

















































数日後。
外はどしゃぶりの雨が降っている。





















ミランダの寝室のドアが開く。


ミランダ「おはよ~。」





















ミランダ「ロミオってばまたそんなところで寝て。風邪ひくわよ?」

ロミオ「ん・・・・。」


ロミオがゆっくりとソファーから起き上がる。


ミランダ「新聞配達から帰ったらすぐそこで寝ちゃうんだから。その癖直したほうがいいわよ?」
















ロミオ「今日早起きだな。」

ミランダ「うん。あんたは休み?」

ロミオ「雨だしな。」



















ミランダ「あんた・・・顔赤いわよ?」

ロミオ「え?」

ミランダ「雨濡れた?」

ロミオ「ああ・・・どしゃぶりだったし・・・。」

ミランダ「カッパ着るんじゃなかったの?」














ロミオ「着てたけど・・・寒かったな。」

ミランダ「風邪引いたんじゃない?」

ロミオ「そうなのかな?なんか身体だるい・・・・。」

ミランダ「やっぱり。帰ったらすぐ身体あたためないから~。」

ロミオ「うん・・・・。」


















ミランダ「大丈夫?私でかけちゃうけど。」

ロミオ「寝てれば平気だろ。」

ミランダ「スタジオは?今日は行かないの?」

ロミオ「うつしても悪いし・・・やめとく。」

ミランダ「そう。私の部屋に薬箱あるから。ちゃんと薬飲んで寝るのよ?」

ロミオ「おう。」












ミランダ「じゃあね。行って来ます。」

ロミオ「いってらっしゃい。」


玄関のドアを開けてミランダが出て行く。



















ロミオ「はぁ・・・・。(身体重いな・・・・。) 」


ゆっくりとソファーから立ち上がる。



















ミランダの寝室へと入る。
お互いに鍵はかけていない。


ロミオ「 (薬箱・・・ってどこにあるんだ?そもそもこの家にそんなもんあったのか?) 」



















ロミオがふとサイドテーブルの上の薬瓶に気づく。


ロミオ「 (ん?薬ってこれか?そういえばあいつも2,3日前に風邪ひいてたっけ。) 」







2 件のコメント:

  1. なで肩さんこんにちは^^

    早速、ミランダさん現場にロミオを連れて来ましたねw
    なんと!!ロミオ、これティーンですかww
    若い!!!14歳とかwww
    早速スカウトされてたみたいですけど、本人は全くその気はないみたいでそれよりもマリオさんの後姿を凝視・・・おいおいまさか・・・(爆)
    じゃなくて、カメラに興味津々だったんですねww

    ここからカメラに興味を持ってカメラマンを目指したんですね~w
    すごい食い付いてますもんね~ww
    なんと、いきなりマリオさんの助手をさせてもらう事に話が進んじゃいましたねw

    その後、数週間後ロミオはしっかりと手伝いに来てるようですねww
    しかしリリィさんと互いのファッションセンスについて話してるのが笑えますねww
    オタクTとか外人の人とかほんとこうやって意味も分からないで着てるんでしょうね~(^▽^;)

    ミランダさんは今回は違う場所にマネージャーと向かってますけど、この話の内容だと接待??
    なんかほんとリリィさんも心配してたけど、怪しい感じの事務所ですよねぇ・・・
    タイトルで薬っていうのが引っ掛かっててここで出てきたけど、明らかに怪しいですよね(´Д`|||)

    その後、住まいに帰宅して先にロミオは寝てましたねw
    ミランダさんは寝る前に薬を手に取ってみるけど、やっぱり信用できないって思ったようで、そのまま飲まずに就寝w
    ですよねww

    しかし翌日、熱っぽいロミオがこれを飲んじゃうのでしょうか・・・?!
    やばいですね・・・(;´Д`A ```

    返信削除
    返信
    1. >ゆきさん

      いつもありがとうございます(´∀`)

      ミランダは早速ロミオを連れてきましたね~。
      そうなんです、ロミオはティーンなんですよ~w
      彼にもこんな初々しい頃があったんですねw
      ロミオがカメラマンになったきっかけはマリオとの出会いだったんですよね。
      このことについては過去にもちらっと本編で言ってると思いますたぶん(曖昧
      この頃はまだ助手というよりほぼお手伝いやってただけなんですけどねwww

      リリィとロミオのファッションバトル、笑っていただけてなによりですw
      2ちゃんTがようやく本編で使えましたwwww
      ロミオは実際ミランダよりも純粋でまっすぐなので、リリィともすぐに打ち解けたようで、このふたりまるで姉弟みたいですよね。
      ミランダは打ち解けた風に見せてますがまだ表面だけだったりw

      ミランダはマネージャーから怪しいブツを受け取ってますが、リリィから事務所のことを心配されたのもあるし、彼女自身まったく信頼してない事務所なのでかなり怪しんでますね。
      利口な子です。
      しかしなにも知らないおバカロミオは薬箱を探しもせずその怪しい薬を発見してしまうというねw

      削除