2012/07/27

おせっかい






アイビー「ディーン。」

ディーン「よぉ。」

アイビー「どうしたの?ラトに用事?」

ディーン「いや。暇だったから遊びに来ただけ。お前とも久しぶりだし。」

アイビー「そっかw 入って。」














アイビー「コーヒーでいい?」

ディーン「あぁ。」


ディーンがイスに腰掛ける。


















アイビー「ララに聞いたよ~。ローガンのとこにいるんだって?」

ディーン「あ~w まぁな。」

アイビー「彼女とは別れちゃったんでしょう?」

ディーン「あぁ。」

アイビー「家探しはしてるの?早く出ないとローガンにも迷惑だよ~。」














ディーン「そうだな~・・・。」

アイビー「うちはちょっと狭くて泊めてあげられないしね~。女3人だし。」

ディーン「お前んとこには世話になるつもりはねぇよ。まぁローガンのとこもワンルームだし、寝袋で寝てるけどな。」

アイビー「そうなんだ?平気?ちゃんと休めるの?」














ディーン「大丈夫だよ。病院でも似たようなもんだし。慣れてるから。」

アイビー「でも睡眠は一番大事だよ~。ちゃんと家探して引っ越さないとね。」

ディーン「そうだな。」















ディーン「お前のほうはどうなんだ?」

アイビー「順調だよ~。BiBiにもすっかり馴染んできたし。」

ディーン「そうじゃなくて男のほうだよ。彼氏いるのか?」


















アイビー「まぁ、一応ね。」

ディーン「この前の人か?ロミオさんだっけ?」

アイビー「なんでわかるの?」

ディーン「いやなんか、二人いい感じだったし。うまくいけばいいなって思ってたから。」

アイビー「そうなんだ?」














ディーン「よかったじゃないか。」

アイビー「う~ん。でもいろいろあってね。」

ディーン「いろいろって?」

アイビー「ロミオさん、なんかいろいろ複雑みたい。過去とか・・・。」
















ディーン「あ~。それはありそうだな。」

アイビー「うん・・・。ディーン、ミランダ・レッドって知ってるでしょ?」

ディーン「あぁ。女優のミランダだろ?俺も好きだよあの人。なんかミステリアスな雰囲気で。」

アイビー「ロミオさん、繋がりあるんだよね。」















ディーン「ミランダと?マジで?」

アイビー「うん・・・。子供のころから一緒だったみたい。」

ディーン「へぇ~。幼馴染ってやつか。」

アイビー「まぁ・・・そんな感じ。」

ディーン「すげえな。」














ディーン「それで、ミランダがどうしたんだ?」

アイビー「・・・二人の仲が怪しいって言うか・・・。」

ディーン「ふぅ~ん。雰囲気的にお似合いだもんな。お前よりそっちのほうがしっくりくるわ。」

アイビー「・・・・。」

ディーン「冗談だよばかw」

アイビー「私もそう思うから悩んでるのに~。」

ディーン「ははっw まぁ、過去は過去だろ?今は大事にしてもらってるんだろ?」









アイビー「うん・・・・。」

ディーン「じゃあいいんじゃないか?過去のことは気にすんなよ。て言っても女には難しいかもしんないけどさ。」

アイビー「うん・・・。」

ディーン「今度ちゃんと紹介しろよ。」

アイビー「うん・・・。聞いてみる。」


車のエンジン音が家の前で止まった。


アイビー「あ、ラト帰ってきたのかな。今日デートだって言ってたんだ。」








ディーン「マジで?相手どんなやつか見てみようぜw」

アイビー「ちょっとディーン、やめなよ。」

ディーン「いいからいいからw」

アイビー「もう・・・。」















ディーンが窓際に立って外を見つめる。


アイビー「からかったりしたらラトに怒られるよ。」

ディーン「平気だって。」

アイビー「まったく・・・。」
















ラトーシャ「今日はありがとうございました。」

ジム「いえ、こちらこそ。」




















ジム「すごく、楽しかったです。」

ラトーシャ「私も。」

ジム「自分ももう少し映画のこと勉強しておきます。」

ラトーシャ「そんなの気にしなくていいですよ。映画は観るだけでも楽しいし。」

ジム「いえ、ラトーシャさんと、同じ趣味を持ちたいんです。」














ラトーシャ「え・・・?」

ジム「そのほうが・・・二人でもっと楽しめるかなって。」

ラトーシャ「・・・そうですね。」

ジム「あの・・・もしよかったら、今度飲みにでも行きませんか?」

ラトーシャ「・・・・。」

ジム「あ・・・無理にとは言わないので。」

ラトーシャ「いえ。私でよければ、是非・・・。」











ディーン「・・・・。」

アイビー「 (ディーン・・・今なにを考えてるの?ラトの気持ち、気づいてるの・・・?) 」





















ジム「ホントですか?」

ラトーシャ「はい。」

ジム「それって・・・このまま進めてもいい・・・・って思ってもいいんですか?」

ラトーシャ「・・・はい。よろしくお願いします。」

ジム「あ、こちらこそ。よろしくお願いします。」

ラトーシャ「・・・じゃあ、そろそろ行きますね。おやすみなさい。」

ジム「はい。おやすみなさい。」










ラトーシャが家に入るまで、ジムはその後姿をみつめていた。






















ジム「 (?・・・窓から誰か・・・男性が・・・・。たしかルームシェアしてるのは女性だけのはずなのに・・・。) 」





















ディーンが思わず身を隠す。


アイビー「・・・ディーン?」

ディーン「・・・・。」

















玄関のドアが開いてラトーシャが入ってくる。


アイビー「おかえり~。」

ラトーシャ「ただいま。」

ディーン「よぉ。」















ラトーシャ「ディーン・・・来てたの?」

ディーン「あぁ。」

ラトーシャ「もしかして・・・見てた?」

















ディーン「よさそうな人じゃん。」

ラトーシャ「・・・・。」

ディーン「お前がお見合いなんて大げさに言うからどんなやつが来るのかって心配したよw」

















ラトーシャ「・・・・。」

ディーン「心配して損したw 普通の人じゃん。しかもいい人そうだし。お前に似合ってるよ。」

ラトーシャ「・・・・。」

アイビー「 (ラト・・・・。) 」

ディーン「付き合ってみれば?」
















ラトーシャ「なに言ってんの?気が早いわよ・・・。」

ディーン「そうか?お前、男とつきあったこともないんだしさ、ものは試しに・・・。」

ラトーシャ「おせっかいやめて。」

ディーン「え・・・?」

ラトーシャ「私の問題だから。ディーンには関係ない。」

ディーン「なんだよ・・・。アドバイスしてやっただけじゃん。」

ラトーシャ「アドバイスなんかいらない。」












アイビー「ラ、ラト!おなかすいてない?」

ラトーシャ「食べてきた。」

アイビー「じゃあ、コーヒーは?飲むでしょ?」

ラトーシャ「いらない。疲れたからもう寝る。」

アイビー「そっか・・・。」

ディーン「・・・・。」













ラトーシャ「おやすみ。」

アイビー「おやすみ~。」

ディーン「・・・・。」









































アイビー「 (ディーン・・・・。) 」






























8 件のコメント:

  1. chocolatemintcat2012年7月28日 0:08

    奄美に行っちゃうんですか…。はやく元気になってくれるといいですね。
    一週間、首を長くして待ってます(・w・)>

    ところでディーンってメッシュ入ってましたっけ⁇
    なんかラトのことどう思ってんだかよくわからないですね…。
    私も好きな人にああ言われたら感に触りますよ‼

    返信削除
    返信
    1. >chocolatemintcatさん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      あまり長く仕事を休むわけにもいかないので、今のところ一週間程度の予定です。
      暖かいお言葉ありがとうございます(´∀`)

      メッシュ?
      髪色ですか?
      ディーンは生まれたときからカラーリングは変えてないのでJと同じ明るいブラウンですよ~(^ω^)
      ディーンはラトのことどう思ってるんでしょうね~。
      ラトもディーンの無神経な言葉に珍しくイライラしちゃいましたねwww
      ララはよく切れてるけどラトが切れるのは珍しいかもw

      削除
  2. こんばんわ!
    本当にディーン君は女心分からないんですねぇ・・・。
    女の立場から男心も分からないので人の事言えませんがw
    しかし流石にああ言われたら嫌ですね;;
    特に好きな人から・・・。
    この二人ますます邪悪な関係になってきてますねぇ・・・。
    どうなるのやら;;

    返信削除
    返信
    1. >どーるぃさん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      ディーンはなに考えてるんでしょうね~。
      ラトが自分のこと好きなの知ってて、知らないフリを続けてるのかw
      好きな人からのあれは痛いですね(T△T)
      ラトが切れるのもムリないです。
      険悪、ですね~(;^ω^)

      削除
  3. こんにちわ~♪

    先日はあたたかいコメントをいただき、とても嬉しかったです♪
    どうもありがとうございましたm(__)m
    それからリンクの方もありがとうございます!
    ありがたや~(T_T)
    私の方でもさっそく貼らせていただきました^^
    どうぞこれからブロウ仲間として、そしてお友達として、
    末永いお付き合いをよろしくお願いします!!!

    金曜日から少しずつ物語を読ませていただいております♪
    今はまだ、ベンジャミンママに先立たれ、マリーゴールドが一人で生活している所を見ています。
    ベンジャミンママにお迎えが来た時は、とても淋しくなりました。
    だってマリーゴールドは一人になってしまうし、
    それに彼は養子だから、天涯孤独の身になってしまうのがいたたまれなくて…。
    一人でパソコンに向かってる姿が、とても淋しそうに感じました。

    このゲームって本当に不思議ですよね。
    まるで本当の生き物のように感情移入してしまう自分がいます。
    時には本当は魂が入ってるんじゃないかと思う時も多々ありますよ(笑)
    このゲームを作った人は凄いですよね。関心するばかりです。

    続きもこれからゆっくり見させていただきます。
    あ、なで肩さんと一緒で、わざと最新の記事は見ないようにしました♪
    先を見たいのは山々ですが、徐々に見て行きたいと思っていますので♪

    またピグでお会いしましたら、ぜひ、色々とお喋りしたいです!
    シムズの事とか話たいですよね~~
    その時を楽しみにしています!(^^)!

    返信削除
    返信
    1. >まことんさん

      コメントありがとうございます(´∀`)
      こちらこそ、先日はお会いできてとっても嬉しかったです(T△T)
      あのときはまことんさんに会えた事でちょっと興奮してしまってアフォ丸出しですみませんでした(^ω^;)(;^ω^)
      おお!
      まことんさんのブログにリンクを貼っていただけるとは><
      ありがとうございます(T△T)
      こちらこそ、是非是非末永いお付き合いよろしくお願いしますm(__)m

      しかも初代から読んでいただいているとは!@@;
      初代、2代目はただの初心者のプレイ日記なので全く面白くないですよ( ̄Д ̄;
      でもちょっとシムズってドラマチックですよね。
      マリーは実は養子なんですよね~。
      名前も間違えて女の子のつもりで名づけてしまって、大人になったら絶対改名させてあげよう、と思っていたのにベンジャミンが死んだ後は名前は大事にしよう、と決めましたw
      ベンジャミンのデータもお墓も亡くしてしまったので、もう会えないのはさみしいですが、その分思い入れが強くもあったりw

      シムズでのシムたちの出会いもホントにドラマチックで面白いですよね。
      私はストーリーをやっているために、基本的に自分のシナリオ通りにくっついたり離れたりしてもらってるんですが、そういう中でのシムたちの行動がとっても面白くって大好きです。
      自由度は高いのにシムにも意思があって勝手に動いてくれるし、好きなときは指示ができる。
      そういった点でも、シムズは私にとってどのゲームよりベストなゲームなんですよね~。
      たぶんもう離れられないと思いますwww

      ストーリーはちゃんと時系列で順番に読みたいですよね(´∀`)
      最近ちょっとバタバタしていて忙しいですが、私も暇をみつけたらまことんさんのブログに通わせていただきますね♪

      ピグ是非是非\(^▽^)/
      あまり基本ログインはしてないですがw 暇なときは(夜なら)メッセージくだされば飛んでいきますのでwww
      今度是非ゆっくりシムズについて語りたいですね(*´∀`*)
      そのときはよろしくお願いします♪
      ご訪問ありがとうございました!m(__)m

      削除
  4. こんばんは★
    ディーン君はやっぱりちょっと無神経なのかなぁ?(´・ω・`)
    アドバイスとか言っちゃって…神経逆撫でにも程がありますよねぇ(-。-;)
    でも本当はラトちゃんの事が気になりつつあって、ちょっとテンパってしまって行動が意味不明になってるのか?
    ますますディーン君のことがわからなくなってきた…。
    とりあえずラトちゃんとジムさんは上手くいきそうな雰囲気だったけど、ディーン君が窓から外を見てたばっかりに変な誤解が生まれそうでまた不安だわ(-。-;)
    なんか上手く言えないんですが、とりあえずディーン君にはもう大人しくしといてほしい…ww
    そしてブログには関係ありませんが、墨田川花火デートは上手くいったのかな(´∀`)
    そうだといいなぁ(*^.^*)

    返信削除
    返信
    1. >ひめめさん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      ディーンの言葉は無神経すぎましたよね~( ̄Д ̄;
      ラトの気持ち知っててなに考えてるんだかw
      テンパって行動が意味不明、どうでしょうね( ̄ー ̄)ニヤリ
      最近のディーンは株が下がってますからねwww
      この辺であがってもらいたいw
      ジムも混乱してそうですよねwww
      女の子だけのシェアハウスのはずなのに男がいたら「何?彼氏??」って思っちゃいそうだし。
      おとなしくwwww
      ディーンどんまいwwww

      花火大会、最高でした(*´∀`*)
      まともに見れたのはラスト30分だけですけどwwww
      もう人が多すぎて(^ω^;)(;^ω^)
      しかもチビなので人の頭でみえず( ̄Д ̄;
      デートもうまくいったおかげでゆうべは更新できずです(ノ´∀`*)照
      気にかけていただいてありがとうございます。・゚・(ノД`)・゚・。

      削除