2012/09/29

合コン








マリアン「ふんふんふ~ん♪」


ドアが開いて、マリアンが入ってくる。




















ケイティー「マリアンちゃん、またそんなカッコで部屋まで・・・。寮母さんに怒られるよ?」

マリアン「今日寮母さんいないも~ん♪」

ケイティー「だからって・・・そんなかっこじゃ風邪ひいちゃうよ?」

マリアン「そんなことよりケイティー!」















マリアン「今度の日曜、合コンするわよ!」

ケイティー「え?合コン?」

マリアン「ジムさんにお願いしたらね、職場の後輩連れてくるって。」

















ケイティー「いいよ私は・・・。マリアンちゃん、ほかの人誘って。」

マリアン「なに言ってんのよ。誰のためにセッティングしたと思ってるの?」

ケイティー「私、今はそういう気分じゃ・・・。」















マリアン「あんたねぇ。一度失恋したくらいでなんなの?すっかり前の地味っ子に戻っちゃって。性格まで根暗になっちゃってるじゃないのよ。」

ケイティー「・・・・。」

マリアン「失恋っていうのはね、新しい恋が一番いい薬なんだから!あんたも次の恋に向かってゴーよ!」

ケイティー「ゴー・・・・。」














マリアン「それにもうあんたを連れてくるってジムさんに言っちゃったんだから。強制参加だからね。」

ケイティー「でも・・・。」

マリアン「でも、はナシ!いいから私と一緒に行くの!」

















ケイティー「・・・・。」

マリアン「そのメガネ、寮ではいいけど外出るときは禁止ね。日曜もちゃんとお化粧とかするのよ~。」

ケイティー「うん・・・・。」
















日曜。
4人は個室の居酒屋に集まっていた。





















ポール「マリアンちゃん、まだ大学生なんだ~?全然見えないね。すっごく大人っぽいよ~。」

マリアン「よく言われます~。」

ポール「まだハタチでしょ?お酒は飲めるの?」
















マリアン「サークルの集まりでもよく飲んでるので、全然大丈夫ですよ~。」

ポール「そうなんだ~?すごいね!俺、こう見えてそんな強くないんだよね~。」

マリアン「そうなんですか~。」
















マリアン「 (あんたの話はどうでもいいっつーの。私がジムさんの隣行きたかったのに、なんでケイティーが隣なわけ?) 」





















ジム「飲まないんですか?」

ケイティー「え?」



















ジム「いや・・・さっきから全然お酒すすんでないから。」

ケイティー「あんまり強くなくて・・・。」

ジム「そうなんですか。自分もです。」

ケイティー「ジムさん、結構飲むのかと思ってました。」

ジム「いやいや。付き合いで飲まされますけど、あんまり強くはないですね。」

ケイティー「そうなんですか。」















ジム「無理しなくていいですよ。」

ケイティー「はい・・・。」

ジム「なんだったらジュースでも頼みましょうか?」

ケイティー「いえ・・・大丈夫です。」

ジム「そうですか。」














ジム「 (なんだか元気なさそうだな。まだ引きずっているんだろうか・・・。) 」





















マリアン「 (ジムさん・・・・ケイティーにすごく気遣ってる。もしかしてケイティーのこと・・・・。) 」

ポール「それでその新しい学長がめちゃめちゃ怪しくてさ~・・・。」



















ポール「マリアンちゃん、聞いてる?」

マリアン「え?あぁ、うん。聞いてるよ。」

ジム「ケイティーさん、おなかすいてませんか?なにか追加します?」

ケイティー「いえ。大丈夫です。」

マリアン「・・・・。」













ポール「先輩、この前はありがとうございました~。」

ジム「あぁ、うん。」



















ポール「マリアンちゃん、めちゃめちゃかわいかったっすね~。」

ジム「ポールはああいう子がタイプなのか。」

ポール「もろ好みっすよ。ドストライクっす。」


















ジム「連絡先聞けたんだろ?よかったな。」

ポール「はい。今度デートに誘おうかと思って。」

ジム「そうか。がんばれよ。」

ポール「先輩はどうなんすか?ケイティーちゃんと。」

ジム「え?」














ポール「なんか父親みたいでしたよ、先輩。」

ジム「父親・・・?」

ポール「ずっと彼女に気遣ってて。あぁいう子はほっといたほうがいいですよ~。ちょっとメンヘラっぽいじゃないですか。」

ジム「メンヘラ?・・・彼女はそういうんじゃ・・・。」

ポール「メンヘラだけはやめといたほうがいいっす。俺も昔つきあった子がメンヘラで、えらい目にあいましたからね~。」


ジムの携帯電話が鳴る。











ジム「ごめん。ちょっと・・・。」

ポール「もしかして、噂のケイティーちゃんじゃないっすか?」

ジム「いや、違うと思う。」



















携帯の画面を見つめる。


ジム「 (マリアンさん・・・。ケイティーさんになにかあったのかな?) 」


















ジム「はい。」

マリアン『あ、もしもしジムさん?こんばんは~♪』

ジム「こんばんは。どうかされたんですか?」

















マリアン『この前のお礼を~と思って。』

ジム「そんな、別にわざわざいいのに・・・こちらこそありがとうございました。」

マリアン『また一緒に飲みに行きましょうよ~。』

ジム「そうですね。」

マリアン『ちなみに今日は空いてます?』

















ジム「あ、今ポールと飲んでるんですよ。よろしかったら一緒にどうですか?」

マリアン『そうなんだ~?う~ん、じゃあ今日はやめとこうかな~。』

ジム「そうですか・・・。残念です。」

マリアン『ジムさんとふたりっきりで飲みに行きたいな。』














ジム「え?自分と、ですか?」

マリアン『うん♪ダメかな?』

ジム「だめじゃないですけど・・・ポールのことはどうですか?あいついいやつですし・・・。」

マリアン『うん。いい人なのはすっごいわかるんだけど、私のタイプじゃないんですよね~。ああいうガツガツしてる人、苦手って言うか。』

ジム「そうなんですか・・・。」










マリアン『今度の土曜日、飲みに行きません?』

ジム「えっと・・・土曜はちょっと用事があって・・・。」

マリアン『じゃあ日曜日は?』

ジム「日曜は・・・空いてますけど・・・。」

マリアン『じゃあ日曜ね!ふたりで飲みにいきましょ♪』

ジム「・・・わかりました。」

マリアン『お店私が決めときますから。楽しみにしてますね。』

ジム「はい。」









電話を切ったジムが席に戻ってくる。


ポール「ケイティーちゃんでした?」

ジム「いや・・・。大学の同期だったよ。」

ポール「なんだ~。」














ポール「とにかく。彼女みたいな子には気をつけてくださいね。」

ジム「あぁ・・・・うん。」




















日曜。


ジム「マリアンさん、よくこんなお店ご存知でしたね。」

マリアン「最近付き合ってた人が大人だったから、いろんな場所に連れてってもらってたんですよ~。」
















マリアン「もう別れちゃったんだけどね。」

ジム「そうなんですか。」

マリアン「ジムさん、敬語やめません?私のほうがずっと年下なのにw」

ジム「いや・・・自分の口癖みたいなものなので・・・難しいですね。」

マリアン「そうなんだ~。」












ジム「そういえば、ケイティーさんは大丈夫でしたか?」

マリアン「え?」

ジム「この前すごく落ち込んでるみたいだったから。」

マリアン「ジムさん、ケイティーが失恋したこと知ってるの?」

ジム「はい。」














マリアン「気になる?」

ジム「気になるというか・・・・ひどく元気がなかったので・・・。」

マリアン「ジムさんって、ケイティーみたいな子がタイプなの?」

ジム「え?」
















マリアン「ジムさんのタイプ知りたいな。どういう女の子がタイプ?」

ジム「タイプですか・・・。う~ん、難しいですね。」

マリアン「そう?」

ジム「しいていえば・・・芯の強い女性、ですかね。」

マリアン「外見は?」













ジム「外見はとくに。清潔感があればいいです。」

マリアン「あ~それは大事だよね~。」

ジム「はい。」

マリアン「外見は特に好みないんだね~。」















ジム「マリアンさんは、ポールみたいなやつは苦手ですか?」

マリアン「う~ん。タイプじゃないかな~。ちょっとチャラいし。私はジムさんのほうがタイプだよ。」

ジム「自分、ですか・・・。」

マリアン「困る?」

ジム「いえ・・・困るってことはないですが・・・。」












マリアン「も~、ジムさん全然お酒すすんでないよ~。ほら~、飲もう飲もう!」

ジム「はい・・・。」






6 件のコメント:

  1. こんばんわ!
    おおぉぉ・・・・・マリアンちゃん、積極的アピール!w
    ジムさん、マリアンさんの事どうにも思ってないのかなあ?
    ケイティーちゃんもすっかり地味になって・・・・駄目ですよぉぉぉ!
    女はオシャレ!です><
    元気になって欲しいなあ・・・。
    新しい恋で変わるのか・・・・ぃゃ、マリアンちゃんと三角関係になるのか気になります!

    返信削除
    返信
    1. >どーるぃさん
      いつもありがとうございます(´∀`)
      マリアンは意外にもジムみたいな人がタイプみたいですね(ノ´∀`*)
      こうしてイケメンの出てこない世界を書いているとなぜかジムがかっこよく見えてくる不思議・・・。
      ジムはどう思ってるんでしょうね~。
      ケイティーはすっかり元の姿に戻りましたねw
      オシャレって女の子の専売特許なのにね~♪

      削除
  2. おはようございます^^

    ケイティーを気遣うジムさん。。。良い男ですね(o`・ω・´o)
    自分も見習わなければ←

    ポールくんは合コンで何か手ごたえを感じちゃったんですかね;
    マリアンさんは完全に話を聞き流していたのに、、、
    逆にポールくんからも学べることがある気がしますw

    これからの展開を楽しみにしてます(^^ゞ

    返信削除
    返信
    1. >らんだるさん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      ジムはラトのときもそうでしたが、よく相手を観察してますねw
      そしてちゃんと気を遣ってくれる。

      ポールからも学べるところはありそうですねwww
      いますよねこういう人w

      削除
  3. なで肩さんこんにちは^^
    マリアンちゃん完全にジムさん狙ってますねσ(^_^;)
    ジムさんはどうなんでしょう?
    マリアンちゃんの強引な押しでおかしな事にならぬよう願って・・・・ww
    ケイティちゃんとジムさんはまだお互いにどうとかそういう気持ちは芽生えてないのか、それとも少し気になって来ているのか、まだ見えてこないんですけど(´・ω・`)
    ケイティちゃんも、恋に芽生えればまた女の子っぽくなれますよね!!頑張って!!
    それにしても、ジムさんって本当にいい人ですよね~w
    誠実で友人思いで気配りも出来る・・・いい人で終わって欲しくない、素敵なハッピーエンド希望です(*^▽^*)

    返信削除
    返信
    1. >ゆきさん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      マリアンは肉食女子ですね(ノ´∀`*)
      おかしなこと・・・( ̄ー ̄)ニヤリ
      ケイティーはいまだに失恋をひきずっているようだし、ほかのことを考える暇がなさそうですね~。
      ジムが気を遣っているのも、みんなに優しい性格のせいっぽいですしね。
      出会いも出会いだったので、ケイティーの落ち込みようを心配しているみたいですね。
      ジムはいい人すぎて、いい人止まりが多かったっぽいですよねwww

      削除