2013/03/31

宣告








ローガン「お邪魔します。」

リア「どうぞ~。」

















ローガン「へぇ~。綺麗にしてるんだな。」

リア「あんまり物が多いの好きじゃないんだ。」

ローガン「ピンクか。リアっぽい。」

リア「ホント?」

ローガン「ああ。」











リアがローガンに抱きつく。


リア「ローガン、来てくれてありがとう。私、すっごく嬉しい。」

ローガン「そうか?」

リア「うん。」











リア「だって・・・ローガンずっと、下までは送ってくれても家にはあがってくれなかったでしょう。学生の頃からだったし・・・。」

ローガン「そうだな。」

リア「だからなんか・・・家って私の素の部分でもあるわけだし、そこにあがってもらうのって、ローガンが私の奥に踏み込んでくれたってことだから・・・・。」












ローガン「なるほどな。」

リア「うん・・・。だから、嬉しいの。」

ローガン「前から思ってたんだけど。」

リア「うん?」

ローガン「お前って結構賢いよな。」










リア「え~?高卒だし底辺だよ?」

ローガン「いや、学歴とかじゃなくて。」

リア「嬉しい。そんなの言ってくれたのローガンがはじめてだよ。」

ローガン「ははっw」

リア「ローガン・・・キスしてほしいな。」










ローガンがリアを抱き寄せキスする。


リア「んっ・・・・。(ああもう・・・幸せすぎる・・・・。) 」















薄明かりの空。
夜が明けようとしている。

















ローガンが静かに玄関を入ってくる。


















ララの部屋のドアが開く。


ララ「朝帰り?」















ローガン「起きてたのか?」

ララ「眠れなかったのよ。ずっと待ってたんだから。」

ローガン「どうした。なにかあったのか?」














ララ「ラトが・・・流産したそうよ。」


















ローガン「え・・・・それ、本当か?」

ララ「ええ。」
















ララ「彼女と会ってたの?それで朝帰りってわけ・・・?こんなときに・・・のんきなものね。」

















ローガン「それとこれとは関係ないだろ。」

ララ「そんなことっ・・・ないわよ。ディーンもラトも、親友でしょう。」

ローガン「お前・・・なにイライラしてるんだ?」














ララ「別にイライラなんてしてないわ。」

ローガン「生理か?」

ララ「ち・・・違うわよ!」














ララ「もう寝るから!」

ローガン「おやすみ。」


ララが無言のままドアを閉める。



















































ラトーシャ「ん・・・・。」

ディーン「ラト?」
















ディーン「気がづいたか?」

ラトーシャ「ここ・・・。」















ディーン「病院だ。父さんとこの。」

ラトーシャ「ショアの・・・?」

ディーン「ああ。」














ベッドから起き上がろうとするラトを止める。


ディーン「起きなくていいから。」

ララ「でも・・・なんで病院なんか・・・・。」













ディーン「ラト、倒れたこと覚えてないか?」

ラトーシャ「倒れたって・・・・。そういえばうちで・・・・急におなかが痛くなって・・・・。」

ディーン「そのあと倒れたんだ。ラト・・・お前に大事な話がある。」














ラトーシャ「話って・・・・?(まさか・・・あの女の人のことじゃ・・・・。)」

ディーン「ラト、落ち着いて聞いてくれ。」

ラトーシャ「なに?ディーン・・・・顔怖いよ・・・・。(やだ・・・・。聞きたくない。)」















ディーン「赤ちゃんだけど・・・ダメだった。」



















ラトーシャ「え?あか・・・ちゃん・・・・?ダメって・・・・どういうこと?」

ディーン「切迫流産だそうだ。」

ラトーシャ「流産・・・・?」

ディーン「発見が遅れていたら、お前の体も危なかった。お前が助かってくれて・・・ホントに・・・。」













ラトーシャ「嘘でしょ・・・?嘘だよね?」

ディーン「・・・・ホントだ。」

ラトーシャ「やだよ・・・・。やだよぉ・・・・。」













ディーン「ラト!」


ディーンがラトーシャの体を強く抱きしめる。


ラトーシャ「うぇ・・・・。」














ラトーシャ「やだよぉ~・・・・。私の・・・あかちゃ・・・・・。」

ディーン「お前だけでも助かってくれて・・・俺がどんなに神に感謝したかわかるか?」

ラトーシャ「でも・・・・赤ちゃんが・・・・。うわぁ~・・・・。」













ディーン「子供はまたできる。二人でがんばろう?な?」

ラトーシャ「うぇ~・・・・・。」

ディーン「愛してるラト。お前だけいれば俺はいいんだ。お前がいてくれれば。」













ラトーシャ「うわぁ~・・・・。」


ディーンがラトーシャを抱きしめる腕に力を込める。



































年が明けた。
正月の連休も終わり、静かだった街が活気を戻していく。


















ララ「身体のほうはもう大丈夫なの?」

ラトーシャ「うん。」

アイビー「大変だったね。」














ラトーシャ「二人とも、心配かけてごめんね。」

ララ「そんなの気にしなくていいのよ。それよりも、ラトのほうこそ大丈夫?」















ラトーシャ「うん。家族もそばにいてくれたし・・・。」

ララ「そう。ちょうど実家にいるときでよかったわね。もしこの家でディーンが夜勤だったらって考えると・・・・。」

アイビー「そうだよね。」

ラトーシャ「うん・・・。」











ララ「ラトもムリしないようにね。なにかあればすぐ相談しなさいよ?」

ラトーシャ「うん。ありがとう。」















アイビー「今は自分の身体のことを大事にしないとね。ゆっくり休んで。」

ラトーシャ「そうだよね。そうする。」














ララ「ショアまで見舞いに行けなくてごめんね。」

ラトーシャ「そんなのいいよ。こっちに戻ってくるのも遅かったから。二人ともわざわざ来てくれてありがとう。」

アイビー「実家でゆっくりできた?」

ラトーシャ「うん。おかげさまで。」











ララ「そう。よかったわね。」

ラトーシャ「うん。」




6 件のコメント:

  1. こんばんは^^

    ローガンの朝帰りにララさんがイラついている・・・
    プライド高いんだったら、そんなの見せちゃ駄目だよっ!とつい思ってしまった私ww

    私もかなりプライドが高い方なので、他人の目から見て格好悪いと感じられたり、また、格好悪い部分を悟られてしまうことが耐えられないので、それを取り繕う・見せないようにする、と言う部分に必死になるタイプだったりします(笑)

    そして、ラト。
    当然流産はショックだったことだろうと思うのですが、おや?
    例の彼女の話はしてないみたい??
    ディーンたちはラトが流産したばかり・・・ということもあって、落ち着くまで自分たちの方からその話をしないようにしたのかもしれないけれど、ラトの方は??
    女の話はしないで的なことを流産の知らせをもらう際は思っていたっぽいけど、その割にはディーンの居場所とかを確かめようと躍起になってみたり、一貫性がないですよね。
    こういう一貫性がない人がだいたい情緒不安定になりやすいんだよね・・・(-"-;)
    ラト、大丈夫かなぁ。
    アイビーたちと話をしているシーンでは落ち着いて見えるけれど・・・

    返信削除
    返信
    1. >マリーさん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      ララ、もうそういうの忘れるぐらいイライラしちゃってますねwww
      ただの八つ当たりですw
      本人も自分の気持ちのやり場に困ってローガンに八つ当たりしちゃってるんだと思います。

      ラトはディーンが宣告する直前まで「ジャスミンのこと?」と思ってたようですが、流産の事実を知ったらジャスミンなんてすっかりぶっ飛んでしまいました(;´Д`)
      ディーンもやはり「落ち着くまでは」と思ってまだ話さないんだと思います。
      ラトもさすがに流産のことがショックすぎてそれどころじゃないですね~。
      一貫性がないと情緒不安定か~、なるほどw
      たしかに、3人の中では一番ラトが精神面では弱いかもしれませんね。
      ララはたしかに繊細ではあるけどああ見えて意外に精神的には鍛えられてるかもw
      アイビーは一番強いですね!

      削除
  2. こんにちは。
    ローガン約束通りリアの家に来てくれましたね。リア凄く嬉しそう。
    意味は無いんだろうけど、ローガンの短めの返事がちょっと素っ気無く感じたんですが、
    まあ普段からあんな感じかー。

    ひえーーー!!!ララがーララがー怖いよーwww
    「こんな時に朝帰り?」、「それとこれは関係ない」。ローガンに一票。
    何年も連れ添った夫婦的な会話ですな。

    ラトー!いっぱい泣いて、泣いた後はきっと晴れるさ。
    悪いことばっかりじゃないよ。ディーンも明るい人だし、元気になるよ。うん。
    ジャスミンの件は早いとこ解決したいところですね。
    こればっかりは(まあいつもだけどw)この先見当付かないので、
    どうなっていくのか、見守りたいです。

    返信削除
    返信
    1. >ubichaさん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      ローガンは今回はじめてリアの一人暮らしのマンションを訪れましたね~(ノ´∀`*)
      恋人って感じです♪
      ローガンは元々無駄口はたたかない人なのでねw
      普段からあんな感じですですw

      夫婦的www
      たしかにそうかもwww
      だとしたら夫の浮気も知ってて冷め切った夫婦にみえなくもないですが(;´∀`)
      ララのはたんなる八つ当たりですね完全に。

      ラトはやはりショックだったようですね~。
      ディーンはラトさえ無事でいてくれたので安心していますが、やはり女性にとってはショックですよね(´;ω;`)
      まぁディーンも悲しいだろうけど、さすがにラトの前では泣けないだろうし。
      ジャスミンのことは今回の件で一旦流れましたねw
      ということでなかなか解決しないジャスミン事件ですが、いつすっきりすることやら(;´Д`)

      削除
  3. どうも!さっちゃんです!!
    わ~ん…!!切ないよ…こりゃ涙…(´Д⊂ヽ
    ディーンだって生んでもらいたかったものね…

    でも起きたばっかで何も知らないラトは
    まさかの不幸の手紙の件…タミ子について言われるのかとドキドキ
    内心は別れ話とかそういうのが頭にチラついたのかしれませんよね…
    だって、妻の妊娠中に夫が浮気する確率…の話とかもしてましたし…でもでも

    実際は流産の報告…ラト涙、ディーンも涙…
    ちょ!!ディーン!!ええ夫やなー!!!!!><vvvvv
    これも夫婦が大きくなっていく1つのキッカケとして生きていってほしいですよね(T_T)
    この時宿った赤ちゃんはこの子しかいないものの、
    それでもディンラトが一緒にいるならばいつかまた会えると信じますvv(*'ω'*)vv

    っていうかララ…ラトが流産したこととローガンがリアとあっていたことは何の関係もないvvv
    その事実すら今知ったしね!!!
    も~ちょっと~会話が熟年夫婦なんですが?vvvやめてよね
    ローガンはリアのものなんだから、少なくとも今はリアのものなんだから!!(SACHICO必至)

    ではまたーv

    返信削除
    返信
    1. >SACHICOさん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      ディーンだってホントは泣きたいんですよね。
      でもラトはもっと辛いだろうから泣けない。
      自分はラトを慰めて支えなければいけない立場ですからね。
      ホント、ディーンは抜けてるけど結構いい夫です(*´ω`*)

      ラトはまさか自分がそんなことになってるとは思わず、ブリッジポートにいるはずのディーンが目の前にいるし、まさかジャスミンのこと?とか不安になっていましたが、思わぬ宣告にショックのあまりジャスミンのことはすっかり吹っ飛んだみたいですね。
      今回のことが、二人の絆をより強くしてくれればいいですけどね~。
      まだジャスミンのことも解決していないのでどうなるか。

      ララのは完全に八つ当たりですよねw
      まぁララもかわいそうな子なんですけどね。
      やっと大事だと気づいた親友は今までセフレだった娘とくっつくし、「俺みたいなのはやめとけ」と言われた以上気持ちさえも告げられない状態なわけで。
      やりばのないモヤモヤでローガンに八つ当たりですw
      やはり熟年夫婦に見えますかwww
      浮気に絶えかねる妻結婚20年目って感じですかねwwww
      最後二回言ったのは大事なことだからですね?w

      削除