2013/04/27

男の友情





























ディーン「街を出るって・・・なんでだよ。」

ローガン「前々から考えてたことだ。タイミングがちょっと急すぎたけどな。」

















ディーン「にしてもラッキーパームって遠すぎだろ!会いに行くのに何時間かかると思ってんだ?」

ローガン「移動だけで半日かかるな。」

ディーン「仕事帰りにお前と飲もうと思ったら着くの朝だぞ?」















ローガン「そうだな・・・。」

ディーン「ったく・・・なんなんだよ・・・。」

ローガン「悪い。でももう決めたんだ。」
















ディーン「まぁ・・・お前が決めたなら応援するけどさ。」

ローガン「うん。」

ディーン「独立か・・・。これから大変だな。」

ローガン「ああ。」

ディーン「リアちゃんは?一緒に行くのか?」












ローガン「リアとは別れた。」

ディーン「・・・遠距離になるからか。」

ローガン「ララと寝たんだ。それだけで十分な理由だろ。」
















ディーン「え・・・?」




















ローガン「あいつが俺に気があるのは前からわかってた。」

ディーン「そうなのか?」

ローガン「ああ。」

ディーン「じゃあララと行くのか?」














ローガン「いや。あいつは関係ない。俺一人で行く。」

ディーン「ララとそういう関係になったんじゃないのかよ。」

ローガン「ララと寝たのは一度だけだ。」
















ディーン「お前・・・ララのこと、どういうつもりで抱いたんだよ。」

ローガン「求められれば男なら抱くだろ。」

ディーン「ララの気持ち、もて遊んだのか?」

ローガン「・・・そういうことになるな。」














ディーン「なんなんだよ。意味わかんねぇよ。」

ローガン「・・・・。」

ディーン「お前結局どっちが好きなんだよ。」

ローガン「・・・・。」

ディーン「どっちも遊びかよ!」












ローガン「そうとられてもしょうがないな。」

ディーン「お前さぁ・・・。」

ローガン「俺にとってはどっちも大事だ。大事だった。」

ディーン「だったら・・・。」

ローガン「でも俺じゃどっちも幸せにできない。誰を選んでも俺じゃだめなんだ。」

ディーン「・・・・。」

ローガン「結局いまだに俺は・・・愛ってやつがなんなのかわかんねぇんだ。人を愛せない人間が誰かを幸せにできるわけないだろ。」












ディーン「お前、結局リアちゃんからもララからも逃げてるだけじゃねぇか。」

ローガン「・・・・。」

ディーン「幸せにできないんじゃなくて努力しようとしてないだけだろ。そういうの逃げって言うんだよ。」













ローガン「・・・・そうかもな。」




















ディーンが立ち上がる。


ローガン「・・・・。」
















ディーン「立てよ。一発殴らせろ。」



















ディーン「ララは親友だし俺のいとこだ。お前はそのララを傷つけた。」

ローガン「・・・・。」

ディーン「ララのこと、大事に思ってるならお前が幸せにしてやれよ。」














ローガン「・・・・。」

ディーン「それができないならもう二度とララの目の前に現れるな。」

















ゆっくりとローガンが立ち上がる。



















ディーン「・・・・。」

ローガン「やれよ。」


















ディーン「・・・っ!」


ドカッ!


骨と骨のぶつかりあう鈍い音が響く。

















女性「きゃー!」


周りにいた女性客たちが悲鳴をあげ騒ぎ始める。


ディーン「いって~・・・。」














ディーン「人とか殴ったの・・・学生のとき以来だわ・・・。マジいてぇ・・・・。」


ディーンが右腕をさする。
















ローガン「 (・・・手加減無しだな・・・。いてぇのはこっちだ。) 」



















ディーン「ほら。」


ディーンが手を差し伸べる。
















ローガン「・・・・。」

ディーン「口ん中切れたか。絆創膏あるぞ。」


















ディーン「ララのことは俺たちに任せろ。」

ローガン「・・・・。」

ディーン「お前はもう忘れろ。ララのことも、リアちゃんのことも。」















ディーン「二人ともいい女だ。ララにはお前なんかよりいい男、俺がみつけてやる。」

ローガン「・・・・。」

















ローガン「そんなやつ、いんのかよ。」


ローガンがディーンの手をとる。


ディーン「俺が探してやるよ。」












店内はまだざわついている。

 ディーン「あ~、大丈夫ですんで!お騒がせしてすいませ~ん!」


ディーンが声を張り上げると客たちが徐々に引いていく。


女性A「なぁんだ~。知り合いみたい。」

女性B「まったく人騒がせね~。」












手を借りて立ち上がったローガンをディーンが抱きしめる。




















ローガン「おい・・・。」

ディーン「ばかやろう。」

ローガン「・・・・。」

ディーン「お前みたいな不器用なやつ見たことねぇよ。」














ディーン「リセットしたいからって、なにもかも捨てて・・・・俺はこれから誰と飲みにいけばいいんだよ。」

ローガン「・・・・。」

ディーン「さみしくなるだろバカ。」















ローガン「お前は俺と違って友人多いから大丈夫だ。」

ディーン「お前じゃなきゃ本音は吐けねぇんだよ。」

ローガン「・・・・。」















ローガン「俺もだ。」


ローガンがディーンの背中にそっと腕を回す。



















ディーン「バカ・・・。」

ローガン「会いに来いよ。」

















ディーン「・・・来月行くわ。」

ローガン「早ぇな。」







































暗い部屋の中。
ベッドサイドの明かりだけが静かにララを照らしている。




















ララ「ん・・・・。」


目を覚ましたララがゆっくりと起き上がる。

















ララ「 (私・・・いつのまにか眠って・・・・。) 」





















ララが時計を見上げる。


ララ「 (6時・・・・ローガン今日も帰ってこなかったのね・・・・。) 」
















ララ「 (もう朝ね・・・・。仕事行く準備しないと・・・・。) 」



















ゆっくりと窓辺へ向かう。




















外はまだ薄暗い。
窓辺に立つと朝の冷たい空気が肌を刺す。



















ララ「 (ローガン・・・どこにいるの?もう一度・・・会ってちゃんと話がしたい・・・・。) 」


























4 件のコメント:

  1. なで肩さんこんにちは^^
    ローガンくんとディーンくんの会話、ほんと題名通り男の友情!!って感じでいいですね!!
    もしかして・・・これが例のポーズでしょうか~~(*´∇`*)

    それにしても、ローガンくんはやっぱりディーンくんにも見抜かれているように、結局は逃げるという事ですよねww
    しかしディーンくんが今回、とっても男らしくてカッコよかったですね~(*^▽^*)
    いつものほほんとしてるか、エロ魔人(失礼w)のイメージ強ですが、とっても頼もしく見えた!!
    結局、ローガンくんは自分に自信がないんでしょうね(´・ω・`)
    もっとぶつかってみたらいいのに・・・怖くて逃げたってなりますよねw
    ディーンくんがバッチリと言ってくれたのでスッキリしましたw
    これを機にローガンくんも一歩前進できるようになるといいけど・・・
    リアちゃんとララちゃんとどうっていうのではなくてねww
    リアちゃんララちゃんにはもう駄目だと思うからww
    最後にぶん殴って熱い抱擁っていうのは、男の友情ならでは、ですよねw
    女じゃこうはいかないものww
    何か凄く素敵だな~~(*´∇`*)
    後半、かなりジーンとしちゃいました!!!

    そしてララちゃん・・・思い詰めて複雑な感じですよね・・・
    ローガンくんときちんと話が出来る時があるのかな?
    そのまま隠れるように出て行っちゃうのかしら・・・(´・ω・`)

    返信削除
    返信
    1. >ゆきさん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      今回はタイトル通り、男の友情シーンでしたねw
      そうそう、このポーズなんですよ~(*´∀`*)
      是非兄様二人にストーリーっぽくやっていただきたいなって、作りながら思いました(ノ´∀`*)

      ローガンは、はたから見たら逃げですよね。
      本人はどう思ってるかわかりませんが、「まぁそうなるわな」ってカンジですねw
      ディーンは珍しく男らしいところを見せてくれましたね( ̄ー ̄)ニヤリ
      かっこいいといっていただけて嬉しいです(*´ω`*)
      ありがとうございます♪
      エロ魔人wwwwホントですよねwwww
      ディーンにズバッと言われたことで、ローガンも改心すればいいんですけど、この人も頑固なのでねぇ(;´Д`)
      リアとララとの関係はさすがにもうダメかもしれませんねw

      たしかに、男女では喧嘩したあとの仲直りの仕方が全然ちがいますよね(;´Д`)
      女性は仲直りが下手な気がしますw
      男性はその点引きずらないのでラクかも。
      ジーンとしたといっていただけて嬉しいです(ノ´∀`*)

      ララはローガンの帰りを待っちゃってますね~。
      一方的に言われただけなので、きちんとお互いの気持ちを確認したいと思ってるんでしょうね。
      ローガンがちゃんと向き合ってくれればいいんですけどね。

      削除
  2. ふわりんご2013年4月30日 9:13

    なんかすっきりしました。

    ディーンくんがかっこよかった。
    ラトちゃんのことでも最近耐えてるし、
    なんかいい男度アップじゃないですか!
    二人のやり取りがローガンの思いもわかりやすくて
    すごく良かったです。

    なで肩さん、素晴らしいです♪

    殴ったディーンはかっこよくて
    でも最後は来月いく!という可愛さも出てて
    本当に仲良しなんだなって思いました。

    女だとこうはいかないですもんね(;´∀`)

    男っていいなぁ・・・。

    返信削除
    返信
    1. >ふわりんごさん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      ディーンはばしっと決めてくれましたね~。
      読者の思いを全部代弁してくれたと思いますwww
      おかげでローガンも本音を吐いたし。
      いままでローガンの気持ちは一切出ませんでしたからね。
      ようやくってカンジですよね。

      お褒め頂ありがとうございます(ノ´∀`*)
      なかなかこういった男同士の友情シーンは書いたことがなかったんですが、ここはかっこよく決めたかったシーンなのでポーズ制作も気合が入りました♪

      そうなんですよねw
      かっこいいことばかり言って一方的にローガンを殴ったんですが、ディーンはやはりディーンなんだってところをみせたかったので、殴った後も「いて~」とヘタレ具合を見せてみたり、「会いにこい」と言われて「来月」と即答するあたりもディーンらしいですよねw
      ローガンとディーンは性格も全然違うけど、ローガンの女遊びにもディーンは昔から口出ししなかったし、お互いに尊重して認め合っているいい親友関係を築いてきたんですよね今まで。
      高校からなので付き合いも長いですし。
      それがローガンが街を出ることで離れることになるので、やはり寂しさは隠せないようですね二人ともw

      削除