2013/11/16

ミランダの覚悟










ブリッジポート永眠墓地。
雨上がりの空はいまだ曇っていた。



















ロミオの墓の前に佇むアイビー。




















赤い薔薇の花束を墓へ手向ける。




















アイビーがそっと手を合わせる。


















































静かに足音がして、女性がアイビーへと近づく。



















ミランダ「もう来てたのね。」



















アイビーが振り返る。


アイビー「ミランダさん・・・。」

ミランダ「久しぶりね。」














ミランダ「週刊誌にいろいろ書かれてたけど・・・・顔色はよさそうね。少し痩せた?」

アイビー「・・・・はい。」

ミランダ「今日会えてよかった。あなたと話したいと思っていたの。」














アイビー「私も・・・ミランダさんに会いにいくつもりでした。」

ミランダ「それは意外ね。」

アイビー「ロミオが・・・会うようにって。ゆうべ夢に出てきて・・・。」
















ミランダ「そう・・・。あの人がそんなこと・・・・。」

アイビー「はい・・・。」


















アイビー「ミランダさん、葬儀のときはすみませんでした。まともに挨拶もしなくて、私・・・・。」

ミランダ「わかってるわ。私があなたでもきっとそうだったと思うから。」

アイビー「・・・・。」














ミランダ「このあと時間あるかしら。あなたに話したいことがあるのよ。」

アイビー「はい。」
















ミランダ「リリィの事務所へ行くから、一緒に来てくれる?」

アイビー「社長の?」

ミランダ「ええ。リリィも交えて話したいことがあるの。」

アイビー「・・・・。」














数時間後。
アイビーとミランダはアイビーの所属するモデル事務所の社長室にいた。


















ミランダ「単刀直入に言うわね。私がロミオの子を妊娠しているの、彼から聞いていたかしら?」


















アイビー「はい。」

ミランダ「そう。そのことについて彼と話し合った?」

アイビー「いえ・・・。ロミオは・・・・ミランダさんの妊娠のことを告げた後部屋を出て・・・・その晩事故にあったので。」















ミランダ「そう・・・。」

アイビー「ロミオも、すごく悩んでいたんだと思います。」

ミランダ「そのようね。マスターにも話を聞いたけど、彼は事故に合う直前まで決断できていなかったらしいから。」

アイビー「・・・・。」












ミランダ「あなたの意見はひとまずあとで聞かせてもらうとして、まずは私の意見を言わせてもらうわね。」

アイビー「・・・・はい。」

ミランダ「私はこの子を産むつもりよ。」
















ミランダ「彼が残した最後の財産だもの。それに私の血を受け継いでもいる。」

アイビー「・・・・。」

ミランダ「婚約者であるあなたはまだ彼とは結婚の契約もしていない。産むことについてはあなたは口出しできないわね。彼との関係は、あなたがロミオと婚約する前の話だし。」

アイビー「・・・・。」











ミランダ「ここからは私についてのことなんだけど・・・。私は生まれつき心臓が弱いの。」

アイビー「・・・・そうだったんですか?」

ミランダ「ええ。これは身近な人しか知らない話よ。表ざたにはしていなかったから。」

アイビー「・・・・。」

ミランダ「私は昔から医者に子供はできないだろうと言われていたわ。薬を常用しているせいもあるけど、元々妊娠しにくい身体だったの。それに心臓のこともあるから、たとえ妊娠しても産むのはムリだってね。」









アイビー「・・・・それって・・・・。」

ミランダ「それでも産むつもりよ。私の命に代えてでも。」

アイビー「・・・・。」

ミランダ「下手をすれば両方の命はないとも言われているわ。二人とも助かる見込みは50%だそうよ。」

アイビー「・・・・。」












ミランダ「もう5ヶ月に入っているの。今中絶するのは私の身体にかなりの負担がかかるわ。まぁ、中絶する気はもうないけど。」

アイビー「・・・・。」

ミランダ「私は別に死にたいわけじゃない。できればもっと生きたいと思うわ。この子と一緒にね。」

アイビー「・・・・。」

ミランダ「でももしどちらか一人しか生き残れないとしたら、私は迷わずこの子を選ぶつもりよ。遺書にもそう書いたわ。」











ミランダ「リリィは古い友人なの。私の個人事務所の副社長をやってもらってる。管理はほとんど彼女に任せているんだけれど。」

リリィ「・・・・。」

ミランダ「彼女には私の財産管理もすべて任せてあるの。ロミオとの共有財産もね。」

アイビー「・・・・。」

ミランダ「私が死んだら、すべておなかの子に相続するように遺書に書いたわ。」









ミランダ「あの家・・・あなたが住んでいるあの家も共有財産のひとつなんだけど・・・あれはあなたにあげるわ。」

アイビー「・・・・。」

ミランダ「あそこには思い出もたくさんあるでしょう。さすがにそれを奪う気はないから安心して。」

アイビー「・・・・。」












ミランダ「それから・・・・これが一番言いたかったことなんだけど。」

アイビー「・・・・。」

ミランダ「もしも私が死んで、この子が無事に生まれてきたら・・・・あなたに育ててほしいの。」













アイビー「え・・・・?」

ミランダ「一番適役だと思うの。この子の母親役は。」

アイビー「・・・・。」















リリィ「アイビー、あなたが断れば私が引き取るつもりよ。」




















アイビー「社長が・・・?」

リリィ「私ね、子供が生めないの。」

アイビー「・・・・。」
















リリィ「まぁ生めない身体、ってわけじゃないんだけど・・・・モデルたちが噂してるだろうからあなたも聞いたことがあるでしょう?」

アイビー「・・・・。」

リリィ「私レズビアンなの。」















リリィ「精子バンクとか、ああいうのはイヤなのよ。よく知りもしない男のDNAをもらってまで、子供をほしいとは思わないし。」

アイビー「・・・・。」

リリィ「ロミオのことは昔からよく知ってる。ミランダとロミオは出会った頃は常に一緒だったの。その二人の子供ですもの。あなたが拒否すれば私は喜んで育てるつもりよ。」













ミランダ「もちろん、この子が無事に生まれてきて私の命にも別状がなければ、私が自分で育てるつもりよ。経済的にもなんら問題はないわ。」

















アイビー「予定日は・・・いつなんですか?」

ミランダ「3月5日。」

アイビー「3月・・・・。」















アイビー「少し・・・・考えさせてもらってもいいですか?」




















ミランダ「もちろんよ。連絡先を教えるから、決まったら連絡してちょうだい。あなたのサインも必要になるから。」

アイビー「・・・・はい。」





































アイビー「・・・・。」




















アイビー「 (私が・・・・ロミオの子を・・・・。) 」









































数日後。
スターライト ショア。


















ララ「そうなの。アイビー元気なのね。安心したわ・・・。」

ラトーシャ『ごめんね。ララも心配したよね。』

ララ「できれば私もブリッジポートへ飛んでいこうかと思ってたところよ。」

ラトーシャ『ララもう臨月でしょう?さすがにそれはダメだよ。』












ララ「でもまだ予定日は来週だから大丈夫よ。」

ラトーシャ『ご両親は?家にいてくれてるの?』

ララ「今日はデートよ。うるさいから私が追い出したのw」

ラトーシャ『追い出したって。大丈夫なの?』

ララ「大丈夫よ。最近は私体調もいいの。散歩のおかげかしらね。」











ララ「それよりそっちはどうなの?ラトも毎日アイビーのところに通って疲れがたまってるんじゃない?」

ラトーシャ『私は平気。ただアイビーのことで・・・ディーンと二人で病院に入れようかってところまでいってたから・・・・精神的にね。』

ララ「そうだったのね。アイビー、そんなに危なかったのね。」

ラトーシャ『うん・・・・。やっと元に戻ってくれたから、二人とも安心してるところ。』

ララ「そう・・・。まだアイビーの家には通ってるの?」









ラトーシャ『アイビーは今日から仕事だっていうから、これからはたまにでいいかなって。』

ララ「そう。仕事あるなら安心ね。ジーンさんたちもいてくれるし。」

ラトーシャ『そうだね~・・・。』

ララ「アイビーにはそばにいてくれる男性が必要かもしれないわよ。」

ラトーシャ『そうかな~・・・。でも一度も会いにこなかったよ?』











ララ「マロンさん・・・だったわよね?同じBiBiの・・・。」

ラトーシャ『うん。』

ララ「その人もアイビーの面倒見てくれてたんでしょう?もしかしたら、その人が遠ざけてたのかもしれないわね。同じ仕事仲間だし・・・いろいろ知ってそうだから。」

ラトーシャ『あ~・・・・そうなのかな。私はてっきり・・・・あ、ごめんララ。ママから着信だ。またあとで電話していい?』

ララ「ええ。ごめんね長話しちゃって。電話ありがとう。」

ラトーシャ『うん。またねララ。』

ララ「ええ。またね。」








携帯電話を切って画面を見つめる。




















ララ「 (アイビーのこと、ホントによかった・・・。週刊誌やテレビはおかしなことばかり言われてたし・・・。アイビーは悩み事があっても人に相談する子じゃないから・・・・。産まれたら会いにきてくれるかしらね・・・・。元気な顔が見たいわ。) 」















ララ「ココア冷めちゃったわね。入れなおしてこようかしら。」


ララがソファーから立ち上がる。
















ララ「あっ!」


突然の痛みにおなかを押さえる。

















ララ「 (大変・・・・破水したみたい・・・・。どうしよう・・・・予定日よりまだ1週間もあるのに・・・。ママたちもいないし・・・・タクシーでも呼んで・・・・。) 」



















ララ「ああ・・・・。」


そのとき玄関が開いてマリアとKが帰ってきた。


K「せっかく予約入れてたのに・・・。」

マリア「またいけばいいわよ。ただいまラ・・・ララ?!」

ララ「ママ・・・・よかった。破水したみたいなの・・・・。」









マリア「なんですって?!胸騒ぎがしたのよ。ほら、だからいったでしょうパパ。」

K「き、救急車か!」

マリア「落ち着いてパパ。すぐに車を出して。私は病院に電話をいれるから。」

K「わ、わかった!」





6 件のコメント:

  1. なで肩様こんにちは!史生です。
    おお…アイビーちゃんがやっと帰ってきた感じですね。
    私も一時期大事な人の死を身近にしたときにさすがに参って参ってカウンセリング受けたんですが、その時の先生に「泣く」という行為は心身すべてにおいての洗濯というか浄化という作用があるから、泣けないことが一番良くないって言われたのを覚えています。
    アイビーちゃん泣けなかったですもんね…前回夢でロミオ氏が出てきたことで大声で赤ちゃんみたいに泣いたことである程度現実に戻ってこれたんでしょうか。
    それにしても、ミランダさんの提案にはアイビーちゃんもびっくりですよね。
    ロミオの子は絶対に産む、けれど母子ともに無事かもわからない、片方だけしか生き残れないなら子供を選ぶって、もう完全に決死の覚悟をしているんですね、ミランダさん。
    それがミランダさんにとってもロミオ氏への愛情であって、償いなのかもとか思いましたね。
    ミランダさんもしかしたら「私が妊娠を告げたから」っていう負い目があったのかなーと。
    ほんと、恋愛ものに良くある同じ男性をめぐるライバルの女性っていう立ち位置とは別次元のイメージがありますね、ミランダさん。かっこよすぎる…!
    もし自分のライバルがこんな人だったら、こんな完璧超人に自分が勝てるわけないって諦めますよ私なら(^^;)へたれですみません。
    でもアイビーちゃん、ロミオ氏の子引き取るならちょっとは悲しみ癒えるかもしれないですね。ロミオ氏のお願いってもしかしてそのことかなあ…いやいや、いくらロミオ氏でも「俺の代わりに俺の子育てれ」なんて厚かましいこと言わないか…。いやー、気になりますね!!
    それより!ラ、ララさーん!やや癒えてきたにしても悲しみのズンドコな雰囲気に一服の清涼剤!!
    ララさんすっかり妊婦さんが板についてきたと思ったらもう臨月!しかも破水して…あわわわわ大変!
    マリア母さんさすがですね、虫の知らせで戻ってきたんでしょうか。
    そしてKパパ慌ててどもりまくり(^^;)ほんとこういうときって男親はオロオロすることしかできませんもんね。
    マリアさんがララさん出産するときもこんな感じだったのが想像できます(^^;)
    男の子かな、女の子かな。ロミオさんのベビちゃんもララさんのベビちゃんも誕生楽しみです。
    ほんと、人って逝くぶんだけ生まれてくるもんですよね…。じっくり悲しむ暇もないくらいにすぐ喜びがやってくるんだから、人生って忙しい(^^;)
    次回も楽しみにしています!すっかり寒くなってしまいましたが、お体だけは気をつけてくださいね。
    それではまた!史生でした!(^^)

    返信削除
    返信
    1. >史生さん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      史生さんも同じ経験をされているんですね~。
      ならアイビーの気持ちは痛いほどよくわかるでしょうね・・・。
      そうなんですよね、泣くってことは心の洗濯ともいいますし涙には浄化作用がありますもんね。
      つらかったり悲しかったりするのに泣かないことは精神的にホントに危険だと思います。
      アイビーはロミオと夢で再会できたことでようやく押し殺していた気持ちを吐き出せたみたいですね。
      ホント、ようやく現実に戻った、というかんじですね。

      そしてミランダと再び再会したアイビーですが、
      ロミオがアイビーに夢の中で頼んだことは「ミランダに会え」ってことだったんですよね。
      なのでアイビーも「会いにいくつもりだった。ロミオに言われて・・・。」と言っていたんですね。
      ミランダ自身も、49日にアイビーが墓地へやってくることは予想していたので、墓参りもあるけどアイビーと会うために自分も来たってカンジです。
      そしてミランダからの出産宣言ktkr www
      ミランダは完全に死ぬ覚悟はできているようですねw
      この人は元々の性格もあるんですが(子供の頃から気が強かったしw)いままでの環境もあって、かなり強い女性ですいろいろと。
      出産を告げたからという負い目、というのは・・・この人はないんですよねw
      ロミオの死に対してはむしろ「事故死なんてあなたらしくないわよバカ・・・。」ってカンジですw
      そしてロミオに対しては「結局生むか生まないかの決断もしてくれなかった・・・全部私に決めさせるのねあきれた人。」くらいに思ってますよwww
      ロミオのことは愛してるんですけどねアイビーと同じくらい。
      じゃなかったらアイビーは嫉妬の対象でしかないですもんね。
      ミランダの大きな愛、があるからこそ、ロミオが誰と付き合おうがミランダは放任してきたわけだし、求められれば受け入れたし。
      なんていうかこの人はホントに母親であり姉であり恋人でもあった、っていうカンジです。
      なのでアイビーに対して普通の恋愛関係のライバルという立ち位置じゃないんですよねもはやw
      アイビーでもたぶんミランダには勝てない・・・と思っているはずですwww

      そして史生さんが推してくださっているララが久々の登場です(ノ´∀`*)
      ロミオの事故死からすでに49日すぎているのであっという間に出産予定の10月でしたw
      ララは1週間まだあるし~なんて悠長にラトには話してましたが、突然の破水にびっくりですね。
      そしてでかけていたはずの両親は、マリアが虫の知らせを感知したのかナイスタイミングで帰ってきましたw
      Kはたぶんララが生まれたときもこんなカンジでしょうねwww
      普段どっしり構えてる人だけど、予想外のことが起きるとパニくるカンジw
      しかもララが生まれたときなんてもう26年も前だしwww
      男の子か女の子か、ララに似るのかローガンに似るのか、どっちでしょうね( ̄ー ̄)ニヤリ
      通常プレイ時ですが、この子の出産にはいろいろあったのでそのへんは近いうちに裏ブログにでも書こうと思いますw

      実は私も今年春におばあちゃんを亡くしているんですが、最近姉夫婦が結婚6年目にしてようやく赤ちゃんを授かったんですよ~。
      まだ安定期にも入ってないんですがw
      ホント、人は生まれ死んで逝くまで何度も出会いと別れを繰り返すんだなって実感させられましたw
      なんか私のストーリーの生死と、リアルでのそれがいろいろかぶってて自分自身ちょっと怖いですよwww

      削除
  2. ミランダさんかっこいいですね。

    でも産んで育てたいよなぁー。
    自分の子だし。しかもロミオの子だし。

    アイビーも可哀想だけど
    ミランダさんもかなり辛いですよね。

    できれば人(特にロミオの愛した相手)に
    自分の子を託すなんて。

    いくらクールなミランダさんでも
    少しぐらいは嫉妬心あるだろうし。

    でもそういうの感じさせないのがかっこいいですよね。

    アイビーも辛いけど・・・・ね。

    うーんでもミランダさん死亡フラグが立ってるのが
    やっぱり切ないですね。

    赤ちゃんは誰が親であろうとひとつの命ですからね。

    あぁぁあ、ララちゃんも産気づいちゃったし
    女性陣三人が子供たちと歩いてる姿が目に浮かびます。

    ラトちゃんも、そのうち^^

    ララちゃんのパパの動揺っぷりに
    ちょっと癒されましたw

    返信削除
    返信
    1. >ふわりんごさん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      ミランダはとても強い女性ですよね~。
      この人は元々の性格もあるんですが、いままでの環境で強くなるしかなかったパターンなんですよねw
      いつかミランダとロミオの過去についても書こうとは思っているんですがw
      ミランダはきっと本当は自分自身で育てたいですよね~。
      元々母性なんて持ち合わせてないでしょうが、やはり愛する人の子供ですしね。
      しかもその子供を愛した男のフィアンセ(アイビー)に託すとは。
      普通はできませんよね。

      そうなんですよねw
      ここですでにミランダは死亡フラグビンビン立っちゃってるんですよwww
      むしろ二人とも死ぬ可能性もないわけではなくwwww
      そうなったらアイビー涙目(;´Д`)

      そしてララも産気づいちゃいましたね!
      ラト、ララ、アイビーが子供たちと歩いてる姿ですか(ノ´∀`*)
      なんかいいですねそれ♪
      将来そうなったら楽しそうだな~w
      父親が誰なのか、ラト意外が気になるところですが( ̄ー ̄)ニヤリ

      削除
  3. なで肩さんこんばんは^^

    なんとなくですが、ロミオがお願いしたのはミランダさんと赤ちゃんの事かなぁ~と思っていたんですが、やっぱりそうだったみたいですね。

    ミランダさん、やっぱり産む決心してましたねw
    そうだろうなぁとは思ってましたが、死をも覚悟の上でという事で、やはり自分の血を分けた子供は何にも変えがたいという母の強さですよね(´・ω・`)
    もう遺書まで残してるって、かなり危険と分かった上でですもんね・・・

    そして万が一のことがあったら、アイビーちゃんに育てて欲しい・・・
    わ~・・・やっぱり来ましたね~・・・
    リリィさんが喜んで引き取るつもりでいる上でも、あえてまずはアイビーちゃんに・・・というのが、やっぱりロミオの子供はロミオが一番愛する人に育てて欲しいっていう想いなんでしょうかね。

    しかし、これはアイビーちゃんも複雑ですよね・・・
    もうロミオは戻ってこないし、唯一残されたロミオの血を持った子・・・
    でもその半分分けた血は自分ではない女性なんだから、またその辺で手放しですぐに「自分が!」っていう返事は出せないですよね(´・ω・`)

    いちばんいいのはミランダさんがしっかりと育てていけるのがいいんですけど・・・
    奇跡は起こりませんかねぇ・・・( ´△`)
    まだ分からないですけどね。
    アイビーちゃんもミランダさんも、辛いですよね~。
    ロミオ!!こんな課題残したまま、死んでるんじゃないよ!!って感じだわwww
    死んでまで私に怒られるロミオ・・・(^▽^;)

    そして、一方のララちゃんの方ですが、いよいよ陣痛来ましたね!!
    ないしタイミングでデート中の両親が帰って来て、きっと虫が知らせたんでしょうね( ´艸`)
    焦りまくるKさんがカワイイ~(*^m^*)
    きっと、マリアさんが出産する時よりも、娘のララちゃんの出産の方が心配でアワアワしちゃうんだろうな~と姿が目に見えて笑ってしまいましたww
    Kさんとマリアさんも、ついにジジババかぁ~(≧m≦)
    Kさん絶対、ジジ馬鹿になりそうな感じがしますね(笑)
    次には生まれてるかな~、ララちゃん頑張って元気な子を産んでね~!!

    返信削除
    返信
    1. >ゆきさん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      ロミオがアイビーに頼んだことは、子供のことは言ってなくてただ単に「ミランダと会って話せ」ってことですねw
      なので「簡単なこと」と言ってたんですよねw
      でも結局そのミランダの話はもちろん「子供について」なんですけどwww

      ミランダは遺書まで残して産む決心をしたようですね!
      まさに決死の覚悟ですねw
      ホント、母は強し、です。
      そして自分がもしも死んだらアイビーが母親役を、というミランダからのお願いでしたね。
      リリィを第一候補に選ばなかったのは、レズビアンの母親だと普通の子供として育てられないんじゃ・・・というミランダの考えもあるでしょうが、やはり父親であるロミオの愛した人、そして一般家庭で幸せに育ってきたアイビーなら子供も幸せに育てられるはず、という想いですね。
      ミランダはロミオや自分自身が普通じゃない環境で育ってきたので、「普通の幸せな家庭」というのを強く望んでいるんですよね。
      たとえ父親がいないとしても(アイビーがシングルで育てることになっても

      アイビーもかなり複雑ですよね。
      たしかに愛する人の血をわけた子供ではあるけれど、母親はミランダだし。
      自分の子供ならまだしも、両親とも自分とは血縁でもない赤の他人ですもんねよく考えたら。
      アイビーはまだ若いし、他人の子を引き取って一人で育てるのも大変ですしね。
      そしてバツイチでもないシングルマザーと結婚しようなんて男は普通に考えたら現れそうにもないしwww
      まぁジーンなら喜んで・・・するかもですがwwww
      ホント、ミランダが育てるのが一番いいんですけどどうなるでしょうね(;^ω^)

      ちょwww死んでまでゆきさんにお叱りをうけるとはwwwwロミオ乙wwwww

      そしてララはいよいよ!ですね(ノ´∀`*)
      ゆきさんはずっとララを推してくださっていたのでどっちが生まれるのか気になりますよね(*´ω`*)
      Kは慌てふためいてますが、ララが生まれたときもきっとこんなカンジだったでしょうねw
      たしかに、ララが生まれたときより今回のほうがビビってそうwwww
      男の子が生まれたら「ママを守れるくらい強くなれ!」とかいいそうだけど、女の子だったらデレッデレでしょうねwwww
      次回、ご期待ください(*´∀`*)
      次回の更新後にでも裏ブログのほうで出産時の記事もうpしますねw

      削除