2012/08/20

実家








ブリッジポート、聖ひ臓記念病院。






























ロミオの携帯電話がブルブルと音を立てる。































ロミオ「はい。」

ミランダ『私よ。』

ロミオ「ミラか。」

ミランダ『入院してるってリリィから聞いたわ。大丈夫なの?』
























ロミオ「あぁ。過労で倒れただけだ。心配ない。」

ミランダ『そう。あなたが倒れるなんてはじめてね。そっちへ飛んで行きたいところだけど・・・今エジプトなの。』

ロミオ「映画の撮影中だろ。こっちは大丈夫だから、仕事に専念しろ。」

ミランダ『入院は長いの?』






















ロミオ「いや、もう2,3日したら退院できる。一週間の予定だから。」

ミランダ『そうなの。でも過労にしては長くない?』

ロミオ「貧血もひどかったらしいしからな。検査の結果はどこも異常なかったから、大丈夫だ。」

ミランダ『そう。それなら安心したわ。』

ロミオ「わざわざすまんな。」





















ミランダ『どこの病院?』

ロミオ「聖ひ臓記念病院だ。」

ミランダ『聖ひ臓・・・・懐かしいわね。』

ロミオ「そうだな。お前はよく来てたな。」

ミランダ『今はあなたが入院してるなんて・・・なんだか皮肉ね。』

ロミオ「そうかもな。」

ミランダ『あの子のこと、思い出すんじゃない?』

ロミオ「・・・・。」


























ミランダ『彼女、ついててくれてるんでしょう?』

ロミオ「あぁ。」

ミランダ『そうよね。よかったわね。』

ロミオ「・・・・あぁ。」

ミランダ『退院したら一度電話をちょうだい。』

ロミオ「わかった。」

ミランダ『それじゃあねロミオ。』

ロミオ「あぁ。またな。」


















電話を切る。






























窓辺に立ち、外を眺める。


ロミオ「 (昔はよく来てたな・・・。この場所。) 」






























ロミオ「 (彼女とはじめて出会ったのは、この場所だったな・・・。) 」
































































日が暮れた頃、アイビーが仕事から帰ってきた。


アイビー「ただいま~。」




























ララ「おかえりなさい。」

ラトーシャ「おかえり~。ちょうどよかった。もうすぐご飯できるよ~。」

アイビー「そうなんだ?私は後にする~。」



























ララ「あら。一緒に食べない?」

アイビー「面会時間、閉まっちゃうから。先に病院行って来る。」

ララ「ロミオさんのところ?」




















アイビー「そう。先に食べてていいよ。」

ラトーシャ「了解~。アイビーの分、冷蔵庫に入れとくからチンして食べてね。」

アイビー「うん。ありがと~。」

























ララ「毎日大変じゃない?」

アイビー「でもその分毎日会えるから、嬉しいんだ。」

ララ「そう。確かにそうかもしれないわね。」

アイビー「うん。」

























アイビー「荷物とったらまたでかけてくるね~。」

ララ「はい。気をつけてね。」

アイビー「は~い。」


アイビーが階段をかけあがっていく。

























ラトーシャ「アイビーまで体壊さなきゃいいけどねぇ。」

ララ「そうね。でもなんだか、顔がイキイキしてたわねw」

ラトーシャ「うんw」

























病室のドアを開ける。


アイビー「こんばんは~。」





























アイビー「起きてたんだ?」

ロミオ「あぁ。さっき飯食ったとこだ。」

アイビー「そっか。ご飯の時間だったんだね。」



























ロミオ「お前、毎日来なくてもいいって言ってんのに。」

アイビー「来たいんだもん。」

ロミオ「今日も仕事だったんだろ?」

アイビー「うん。」

ロミオ「飯は食ったのか?」

アイビー「まだだよ。ラトが作ってくれてるから帰ってから食べる。」

ロミオ「そうか。」



















アイビー「よかった。」

ロミオ「どうした?」

アイビー「日に日に元気になってるみたいだから、安心した。」

ロミオ「お前のお兄さんが俺に仕事させねぇからな。」

アイビー「ははっw 医者の言うことはきかないとね。」





















ロミオ「明日退院できるそうだ。」

アイビー「ホントに?思ったより早かったね。」

ロミオ「あぁ。回復が早かったらしい。」



























アイビー「そっかぁ~。嬉しいな~。」

ロミオ「お前のおかげだよ。」

アイビー「ううん。私なにもしてあげてないし。」

ロミオ「毎日会いに来てくれるだけでいいんだ。」

アイビー「ふふっ。なんか、照れるな。」

























ロミオ「退院したら、お前に見せたいものがある。」

アイビー「見せたいもの?」

ロミオ「あぁ。それから、話したいことも・・・。」


























アイビー「話?」

ロミオ「あぁ。昔話だよ。」

アイビー「ロミオさんの?」

ロミオ「聞いてくれるか?」
























アイビー「もちろんだよ。ロミオさんから自分のこと話すなんて、いままでなかったもん。」

ロミオ「お前のことも、もっと知りたい。」

アイビー「私のこと?特に面白い話なんてないよ?」

ロミオ「いいんだよ面白くなくて。お前の過去が知りたいんだ。」
























アイビー「うん。いいよ。」

ロミオ「そうか。楽しみだな。」

アイビー「うん。私も楽しみにしてるね。」



























週末、ディーンとラトーシャはスターライトショアのライム家の前にやってきていた。































ディーン「なんか、緊張するなw」

ラトーシャ「怖くなった?」

ディーン「怖くはないんだけどさ。」



























ディーン「ここ来たのって、高校以来だな。」

ラトーシャ「そうだね。」

ディーン「懐かしいな。卒業式の次の日4家族集まって食事会したよな。」

ラトーシャ「したね~。てかいつまでも玄関前でしゃべってないで早く入ろうよ。」

ディーン「そうだな・・・。」





















ラトーシャが玄関のドアを開ける。


ラトーシャ「パパ。」



























ビリー「おう。ラトか。そういえば今日帰ってくるって言ってたな。おかえり。」

ラトーシャ「ただいまパパ。今から仕事?」

ビリー「あぁ。」

ディーン「おはようございます、おじさん。」























ビリー「ディーンくんじゃないか。久しぶりだねぇ。すっかり大人になって・・・。」

ディーン「ははっw おじさんはあいかわらずいい筋肉してますね。」

ビリー「仕事柄ねw そうか、ディーンくんが一緒ということは・・・なるほどw」

ラトーシャ「パパ?」

ビリー「今日は泊まっていくんだろう?僕も夕方には戻るから、ゆっくりしていってくれ。ママなら中で待っているよ。」



















ビリー「じゃあなラト。がんばるんだぞ。」

ラトーシャ「いってらっしゃいパパ。」

ディーン「いってらっしゃい。」

ビリー「いってくるよ。」
























ラトーシャとディーンが家の中に入る。


ラトーシャ「ママ。」

イブ「おかえりラト。」

ラトーシャ「ただいまママ。」
























イブ「あら?ディーンくんじゃない。」

ディーン「お久しぶりです、おばさん。」

イブ「ラトの恋人ってまさか・・・ディーンくんなわけ・・・ないわよねぇ?」


























二人が顔を見合わせる。


ラトーシャ「・・・・////」

ディーン「・・・・w」


























イブ「冗談でしょ?」

ラトーシャ「冗談じゃないよママ。私の彼氏、ディーン・スカイブルーさんです。」

ディーン「なんか、照れますねw」

























イブ「またまたディーンくんったらw この子にアルバイトでも頼まれたんでしょう?今日一日だけ恋人のフリをしてくれって。そうなんでしょう?」

ディーン「ちょwおばさんw 違いますよ。ホントに付き合ってるんですってw」

イブ「ホントにホントなの??信じていいの??」

ラトーシャ「ママってば・・・。」

ディーン「ホントにホントです。正真正銘、ラトの恋人は俺です。」





















イブ「なんてことなの!素晴らしいわ!!」

ディーン「え?」

イブ「まさかJさんの息子とうちのラトが結婚するなんて!」

ディーン「いや結婚はまだちょっと・・・。」

イブ「あら、考えてないっていうの?」





















ディーン「いや、考えてないわけでもないですけどまだ付き合ったばかりですしw」

イブ「そう。ちゃんと考えてくれてるならいいのよ。ラトのことを真剣にね。」

ラトーシャ「ママ・・・・。(ディーン引いちゃってるよ・・・。) 」


























イブ「このことはご両親は知ってるのかしら?」

ディーン「いえ。アイビーには話してありますけど・・・。」

イブ「じゃあ今夜は盛大にパーティーしなきゃね!ディーンくんのご家族も呼んで!」

ラトーシャ「え?なに言ってるのママ??」























イブ「せっかく二人とも帰ってきてるんですもの。今夜はお祝いの宴よ!お寿司注文しなきゃね!メアリーたちも呼ぼうかしらね~♪」

ラトーシャ「ちょっとママ・・・。」

ディーン「ははっw いいですね。両親も喜ぶと思います。」

ラトーシャ「ディーンいいの??」

ディーン「母さんは喜ぶんじゃないかな。パーティー好きだし。」

ラトーシャ「 (そういう問題・・・?) 」







2 件のコメント:

  1. なで肩さんこんにちは^^
    ロミオさん順調に回復されてるようで、アイビーちゃんも安心しましたね♪
    倒れて入院してしまったのは心配だけど、毎日献身的に看病して上げられることがとても幸せそうですね(*^▽^*)
    そしてついに・・・ロミオさん屋上の秘密を見せる決心がついたのかな??
    ラトちゃんとディーンくんも順調で、早速実家に!
    まさかディーンくんが彼とは・・・本当にびっくりでしょうねww
    でも、イブさんのはしゃぎっぷりがかわいいですね♪
    もう結婚の話とかww気が早い~~www

    返信削除
    返信
    1. >ゆきさん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      ロミオは回復も早いみたいでよかったですよね(*´∀`*)
      しばらく会えない期間があったので、入院という形とはいえ毎日会いに行けるのが楽しいみたいですね(ノ´∀`*)
      そしてとうとう( ̄ー ̄)ニヤリ
      ラトとディーンもラトの実家へ二人で帰りましたね(´∀`)
      イブにしてみればまさかですよね~(;^ω^)
      さすがに結婚の話は早すぎですねw
      二人ともまだ23だしw

      削除