2012/08/29

ロミオの過去 その6








学園前の砂場でみんなが遊んでいた。
楽しそうな笑い声が響き渡る。





















ロミオ「・・・・。」





















ミランダ「ロミオ。」


いつの間にかミランダが部屋に入ってきていた。
















ミランダ「私今日病院行ってきたんだ。」

ロミオ「・・・・。」

ミランダ「退院後の検診でね。」

ロミオ「ふぅん。」















ミランダ「私、知ってるんだ。あんたがあの子に会いに行ってたこと。」

ロミオ「・・・・。」

ミランダ「あの子、死んじゃったんだね・・・。」

ロミオ「・・・・。」

ミランダ「あんたのせいじゃないよ。先生だって言ってた。あの子がいままで生きてこれたのも奇跡だって。」











ミランダ「だから自分のこと責めるのは・・・。」

ロミオ「ミランダ。」

ミランダ「・・・なに?」



















ロミオ「俺、ここを出る覚悟できた。」

ミランダ「え・・・?」

ロミオ「俺が中学にあがったら、一緒に逃げよう。」

















ミランダ「本気なの?」

ロミオ「あぁ。お前も本気で言ったんだよな?」

ミランダ「そうだけど・・・。」

ロミオ「二人で逃げよう。ここから。」

ミランダ「うん・・・。約束だよ。」













ロミオ「約束だ。二人だけの。」












































その後俺とミランダは本当にそれを実行することになる。
まぁそれまでにはいろいろあったんだけどな。




















まだまだ話は続くが今日のところはこのくらいにしておこう。
こいつが風邪をひいちまう。





















ロミオ「おい。」


アイビーはぐっすり眠っているようだ。


ロミオ「 (こいつ、一度寝たらホントおきねぇな。) 」














俺がここに庭を作ったのは、いつでも彼女のことを思い出せるように。
植物が好きだった彼女を。
だからなるべく誰も入れたくない、俺の秘密の場所だ。
でも、お前の目は驚くほど彼女にそっくりだ。
俺はお前を彼女に重ねているのかもな・・・。

















アイビーの体を軽々と持ち上げる。


アイビー「う~ん・・・。」

















アイビー「ロミオ・・・・愛してる。」




















ロミオ「俺も・・・・愛してるよ。」





















俺の昔話の続きは、またいつか。






















気が向いたらな。






















































































ラトーシャ「素敵だね。」

ディーン「気に入った?」

ラトーシャ「うん。おしゃれしてこいって言うからなにかと思ったけど。」















ディーン「たまにはこういうのもいいだろ?」

ラトーシャ「うん。でもこういうとこって高いんじゃないの?」

ディーン「大丈夫だよ。そんなこと気にすんなって。」

ラトーシャ「うん。」















ラトーシャが演奏に耳を傾ける。





















ディーン「 (俺たち、付き合ってもうすぐ1ヶ月だもんな・・・。) 」





















ディーン「 (最近俺が夜勤続きだったのもあるけど、夜のデートは久しぶりだし・・・。今日こそ・・・。っていうか、ラトはそのへんどう思ってるんだろう?) 」



















ディーン「 (ラトがヴァージンだから、一応ゆっくり進めてきたつもりだけど・・・。ラトもそろそろ意識してたりすんのかな?) 」




















ディーン「あのさ、ラト。」

ラトーシャ「うん?」

ディーン「ちょっと・・・踊らない?」

ラトーシャ「いいよ?」















二人はダンスホールの真ん中へ移動した。


ラトーシャ「久しぶりだね。こうやってディーンと踊るの。」


















ディーン「あぁ。高校のプロム以来だなw」

ラトーシャ「覚えてたんだ?」

ディーン「もちろん覚えてるよ。俺あの日アイビーと二人で行って恥ずかしかったんだw」

ラトーシャ「アイビーはいろんな子に誘われてたのに、ディーンがいるからって断ってたらしいね。」

ディーン「あぁ。お互い恋人いなかったしなw」












ディーン「お前は誰と行ったんだっけ?」

ラトーシャ「ララたちと男女のグループでいったな。みんな恋人いない人ばっかりで。」

ディーン「そっか。俺らも呼んでくれればよかったのに。」

ラトーシャ「そしたら絶対男共がアイビー狙うでしょw」

ディーン「あ、そっかw」












ディーン「懐かしいな~プロムとか。俺あんときに戻ってたらラトと楽しくやれてたかなw」

ラトーシャ「あのときのままだったらディーン、私のことなんてきっと好きじゃなかったよ。」

ディーン「そうかな?」

ラトーシャ「だって、ジムさんがいたから気づいたんでしょ~?」

ディーン「あ、そっかwww」

ラトーシャ「もうw」








ディーン「ラト・・・。」

ラトーシャ「急にどうしたの?」

ディーン「あのさ・・・今日、ホテル泊まらない?」


















ラトーシャ「え・・・?」

ディーン「明日休みだよな?」

ラトーシャ「そう・・・だけど・・・・。」

ディーン「俺夜勤だから夕方からだし、そろそろさ・・・。」













ディーン「もし嫌だったら、別に今度でもいいんだけど。」

ラトーシャ「嫌じゃないけど・・・。」

ディーン「怖いか?」

ラトーシャ「ちょっと・・・。」

ディーン「・・・じゃあさ、なんもしないから一緒のベッドで寝ない?」














ラトーシャ「・・・ホントに、それでもいいの?」

ディーン「うん。お前がまだ覚悟できてないっていうんだったら、俺はいつまでも待つし。」

ラトーシャ「・・・・うん。」















ディーン「それに急にそういうことするよりさ、一緒に寝てもっと慣れてからのほうがいいだろ?」

ラトーシャ「・・・眠れるかな?」

ディーン「眠れなかったら俺ソファーででも寝るし。」

ラトーシャ「それはいいよ。明日仕事あるんだし。」













ディーン「大丈夫だよ。」

ラトーシャ「ディーン・・・眠るだけでもいいの?」

ディーン「俺はお前と一緒にいたいんだ。寝るときそばにいてくれればそれだけで満足できるし。」















ラトーシャ「じゃあ・・・いいよ。」

ディーン「ホントに?」

ラトーシャ「うん・・・。」

















ディーン「やばい。すげぇ嬉しい。」

ラトーシャ「ホントに大丈夫?」

ディーン「いや、その保障は・・・。」

ラトーシャ「え?」

ディーン「嘘嘘www 我慢するから大丈夫!」

ラトーシャ「我慢って・・・。」

8 件のコメント:

  1. こんばんわ!
    なるほど・・・ジュリエットちゃんのおかげで孤児院から逃げ出す覚悟ができたんですね;;
    その後の話も気になります;;
    屋上・・・そんな意味があったんですね;;
    やっぱり忘れられないから?ですかね?
    初恋だし、ねぇ・・・。
    切ないっす;;

    返信削除
    返信
    1. >どーるぃさん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      ジュリのおかげ、というかロミオはいままではなにも考えてなかったんですよね。
      それが今回のことで学園に対して嫌気もさしたし、世の中のいろんなことが見えたんじゃないでしょうか。
      自由がほしい、ということも。
      屋上は、ロミオにとっては一人になりたいときの場所なのですよね。
      ジュリのことはロミオにとっても大事な思い出なんでしょうね~(*´Д`)
      せつない初恋でしたね(T△T)

      削除
  2. なで肩さんこんにちは^^
    屋上の庭園は彼女の思い出としてだったのですね。
    過去の一瞬の子供の頃の初恋をずっと引きずってると思うと切ないなぁ。
    アイビーちゃんに惹かれるのも彼女の目に似ているからとかも。
    アイビーちゃんからしたらどういう想いなんでしょうかね。
    今は存在しない初恋の彼女、その彼女の面影を自分に重ねているという・・・子供の頃の清い恋だし、嫉妬とかはないかもしれないけど、ずっと引きずっていると思うとまた複雑な気持ちだろうなぁ。
    でもこれは、どうしようもないですよね。

    そしてディーンくんとラトちゃんですが・・・
    ディーンくん、そっちの事ばっか考えてるなぁ~~ww
    まぁ~付き合って1ヶ月になるし、年頃男子はその事ばかり考えちゃいますかね(^▽^;)
    泊まるだけとかってww
    ディーンくん我慢できないんじゃないですかね~~www

    返信削除
    返信
    1. >ゆきさん

      いつもありがとうござます(´∀`)
      ロミオにとってジュリとの思い出は一生忘れられない大切なものなんでしょうね~。
      なので彼女の好きだった植物にかこまれた庭を造り、一人になりたいときにここにくる。
      たしかに、アイビーはどう思っているんでしょうね~。
      でも好きな人の大事な思い出、ということで複雑かもしれないけど尊重したいという気持ちが強いんではないでしょうか。

      ディーンはシモネタ担当と化しちゃってますねwww
      まぁ年頃ですしね(*´Д`)
      しかもいままで親友として恋愛感情を抱いていなかった相手だし、急にそういう関係になってドキドキしちゃってるのかも?w
      ラトもまだ心の準備ができてないようですし、この二人どうなるでしょうね( ̄ー ̄)ニヤリ

      削除
  3. あれれれ。。。
    夕べコメしたのに、入っていませんでした。
    何故だろう。。
    私また、なんかやらかしたのでしょうか?

    ロミオの過去、
    一段落したところでコメを入れさせて頂こうと、
    ずっと拝見していました。

    こういう形で人に先立たれると、残った者って。。。
    そこで時間が止まります。
    思い出すとどうしようなかったんだろうな、ロミオさん。

    ディーンくん、まさに"盛り"ですネ!
    あははw
    若いとは素晴らしいじゃあないですか!

    続きを楽しみにしています。

    なで肩さん、忙しそうですね。
    残暑厳しいけど、頑張りませう♡

    返信削除
    返信
    1. >RomitaSolさん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      愛する人に先立たれると、残ったものは時間が止まるでしょうね(T△T)
      ロミオは幼いころに体験しているし、心の傷は深いでしょう。
      忘れられない思い出ですよね~。

      ディーンは盛りのついたオスですwww
      まぁ若いですしね(ノ´∀`*)
      一番等身大の男子ですね、キャラの中では。

      ちょっとここのところ記事うpができない状態が続いています(;´Д`)
      申し訳ないです><

      削除
  4. ふわりんご2012年8月31日 22:29

    こんばんわ。
    ロミオさんの過去編、かなりグっときちゃいました。
    大事なお庭ですね。
    あぁ、やっぱりかっこいいわロミオさん。

    そしてディーンくん。。

    ムラムラじゃないですかww
    ラトちゃんがキケン!キケンですわw

    返信削除
    返信
    1. >ふわりんごさん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      ロミオの過去編はまだまだ続くんですが、一応このへんで今回は締めましたw
      あまり続くと誰が主役かわからなくなりそうですしねwww
      ロミオかっこいいと言ってくださってありがとうございます(ノ´∀`*)

      ディーンは一番まともというか、年頃の男子ですねw
      このカップルが一番年相応な気がします( ̄ー ̄)ニヤリ
      ラトの貞操は守られるのか?!
      次回こうご期待w

      削除