2012/12/28

自棄







アイビー「愛してる。」





















ロミオ「・・・お前、モデル一本でやってて正解だな。」

アイビー「・・・?」

ロミオ「演技下手すぎるぞ。」














ロミオ「そんなんじゃ俺はだまされねーよ。」


ロミオがアイビーの腕を振りほどきデスクに向かって歩き出す。


アイビー「どうして信じてくれないの?」

ロミオ「愛なんて永遠じゃない。いつかは消えるものだ。」











アイビー「待ってロミオ。」





















ロミオが振り返る。


ロミオ「なんだ?まだなにか・・・。」

















アイビーが言いかけたロミオの唇を塞ぐ。




















情熱的なキス。
ロミオがアイビーの背中に腕を回す。



















ドアが開いてマロンとジーンが入ってきた。


マロン「おつか・・・。」


二人の姿が目に飛び込む。














マロン「ちょ・・・またなのぉ~?」

ジーン「・・・・。」


















マロン「あ・・・あれ?(アイビーちゃん嫌がってない?むしろ積極的じゃない?もしかして・・・そういうこと?) 」

ジーン「・・・・。」

















どんどん大胆になる二人を横目にマロンがそそくさと歩き出す。


マロン「お、お先で~す。ほらっ、ジーンくん行くよっ!」

ジーン「あ・・・はい。」















ジーンが二人の横を通り過ぎる。


ジーン「お疲れ様です・・・。」















静かにドアが閉まり、二人の唇の重なる音だけが響く。



















ふいにロミオが体を離す。


アイビー「ロミ・・・。」

ロミオ「満足したか?」

アイビー「え・・・?」

ロミオ「あいつに見せ付けたほうがお前は盛り上がるもんな。」











アイビー「そんな・・・。」

ロミオ「いつのまにそんなに計算高くなったんだ?あいつの影響か?」

アイビー「・・・・。」

ロミオ「駒でいいなら使われてやるよ。いままでやらせてくれた礼だ。」












アイビー「・・・・・。」

ロミオ「お疲れさん。」



















アイビー「お疲れ様でした・・・・。」


アイビーがゆっくりと歩き出す。
















ドアの前で立ち止まる。


アイビー「ねぇロミオ・・・・。」

ロミオ「なんだ?」















アイビー「・・・・・なんでもない。」




















ドアを開けてスタジオから出て行く。




















メイクルームへ入るとそのままドアにもたれかかる。




















アイビー「 (私のこと、まだ愛してる?・・・・そのひとことが、怖くて聞けない・・・・。) 」



















ララ「え?これから?」




















ララ「もちろんいいわよ。急いで行くわね。」


ララが嬉しそうに微笑む。
















部屋のドアが開いてララが出てきた。
リビングでテレビを見ていたローガンに声をかける。


ララ「ローガン、私ちょっとでかけてくるわね。」















ローガン「こんな時間に?もうすぐ終電なくなるぞ?」

ララ「べつに平気よ。明日は休みだし。」

ローガン「男か。」















ララ「私にだってデート相手くらいいるわよ。」

ローガン「こんな時間に呼び出すなんて、お前また振り回されてるんじゃないのか?」

ララ「あら、お互いに詮索はしないんじゃなかったの?」

ローガン「俺はお前のこと心配して・・・。」












ララ「大丈夫よ。彼はそんな人じゃないから。」

ローガン「・・・・。」

ララ「じゃあ行ってくるわね。」

ローガン「ああ。」













ララ「行ってきま~す♪」

ローガン「気をつけてな。」

ララ「は~い。」















ローガン「俺もたまにはリアに連絡してみるかな。」




















ララがバーに到着するとすでにジーンは席についていた。



















隣の席に腰掛ける。


ララ「こんばんはジーンさん。」

ジーン「あ、ララちゃん。早かったね?」















ララ「そう?ジーンさんは仕事帰り?」

ジーン「うん。」

ララ「珍しいわね、ジーンさんから誘うなんて。なにかあったの?」
















ジーン「ちょっとね・・・。まだこっちの環境に慣れないこともあって・・・ストレスかな。」

ララ「ジーンさんでもストレス感じることなんてあるのね。」

ジーン「そりゃああるよ。」















ジーン「ごめんな。こんな時間に呼び出したりして。」

ララ「平気よ。明日休みだし、私も呑みたいな~って思ってたところなの。」

ジーン「そっか。」















ララ「今日は二人で朝まで飲み明かしましょ♪」

ジーン「そうだね。」

ララ「さぁ、呑むわよ~!」














数時間後。



















ジーン「ララちゃん、ちょっと呑み過ぎだよ。」

ララ「まだ大丈夫よ~。」

ジーン「もうここ閉店時間だから・・・。」
















ララ「じゃあ次の店いきましょ!」

ジーン「この辺はもう開いてる店ないって。」

ララ「え~、そんなのいやよ~。」















ジーン「君が酒癖悪いなんてはじめて知ったよ・・・。」

ララ「あら失礼ね!私酒癖悪くなんかないわよ~。」

ジーン「はいはい。今日はもう送っていくから・・・。家どっちだっけ?」

ララ「ダメよ。うちはダメ!ローガンと、異性は連れ込まないって約束だから~。」

ジーン「いや、送っていくだけだしそれくらい・・・。」

ララ「ダメなのっ。あの人そういうの結構うるさいんだから~。」











ララ「そうだわ!ホテル行きましょ?」

ジーン「え?!」

ララ「いやぁね~。変な想像しないでよ。ホテルで呑もうって言ってるのよ。もうジーンさんったら・・・w」















ジーン「いやでも・・・ホテルなんて・・・。」

ララ「大丈夫よ~。このへんシティーホテルたくさんあるし、お酒持ち込むくらい平気よ。」

ジーン「ララちゃんまだ呑む気なの?」

ララ「ちょっとだけよ~。それにホテルならすぐ休めるでしょ?」













ララ「ね?ジーンさん。私もう疲れちゃったし、ホテルでゆっくり呑み直しましょうよ。」

ジーン「う~ん・・・。」

ララ「始発の時間までつきあってくれてもいいでしょう?呼び出したのジーンさんよ。」














ジーン「そうだけど・・・。じゃあ始発までだよ?」

ララ「もちろんよ。」








6 件のコメント:

  1. おはようございます!
    お久しぶりすぎるという←
    ロミオさん、自分を認めなさ過ぎ;;
    何かメンドクサイ男ですねー(スミマセン。
    アイビーちゃんも頑張ってるみたいですけど・・・
    できればロミオさんから手を引いて欲しい;;
    今回うまく弁解しても今後も結婚しないなど、辛いままになると思うしー・・・。
    ジーンさんとララちゃん、
    ホテル行くみたいですけど、何もない、ですよね?
    ジーンさん、良いイメージがあるのでここで何かハプニングが起こったら悲しくなりますw

    返信削除
    返信
    1. >どーるぃさん

      お久しぶりです!
      コメントありがとうございます(´∀`)
      ロミオ、認めなさすぎですねw
      わかってるけど認めたくないんでしょうね。
      ホント、めんどくさい男ですよ(´・ω・`)
      手を引いてほしいですかw
      コメントくださる方は大半がその意見っぽいですねwww

      そしてジーンとララはホテルへ・・・。
      ララの母親、マリアも酔わないと自分から誘えない子でしたからね( ̄ー ̄)ニヤリ
      母のようになるのか?!
      ジーンはたしかにいままでは好青年で通してきましたからね。
      ここでララとどうかなってしまうのか。
      なったらイメージがらりと変わりそうですwww
      乞うご期待!

      削除
  2. SACHICO2012年12月31日 17:44

    こんにちわーvお久しぶりのSACHICOですv
    ここまで一気に読ませて頂きましたvv♪

    うふぉvvちょ!!アイビーちゃん大胆すぎね???
    でもなー…今回のアイビーちゃんは捨て身覚悟作戦のような強引な手段に出ましたね…
    計算高い女になってる感がぬぐえません…もろにロミオに伝わっていますな

    そしてジーン達きちゃったよ!!!???
    おいいい!!めっちゃ見てるよおオオ!!!!そりゃ見るよね!!分かるよ!!
    でも辞めないアイビー…「ぎゃ!しまった!」とか微塵もない…
    ジーンに見せつける事でジーンに自分を諦めろとうながしてる&ジーンの恋愛対象から外れたい…
    そんな気すら思わせますね…ほんとこういう時の女って自然としたたかになります

    でも拒否られるアイビー嬢…なんかこれは拒否られても仕方ないと思います><
    あわわ~ジーンどうするんだろ…むしろ今回のアイビーちゃんビッチ属性ハンパないな!

    ってララちゃーんキター!!!うわわ…ジーンと会うんですね
    しかも酔っ払いララ、そうか酒癖は「めんどくさい」特質なのかvvv
    ホホホホホテルですってー!!!???って…そう…ごめんなさい1人で盛り上がって
    そうよね、ホテルのバーとかそういう意味よね、部屋取りませんかって意味じゃなかったのよね
    ビッチは私でしたすいませんでした(世紀末が生んだ変態)
    でも!でででも!!><2人とも大人だし、ララちゃんはベロンベロンだし…
    間違いがないとも限ら…ない…??うーんでも相手がジーンだしな…

    そしてローガンvvvリア呼びますかそうですかv
    リアも一途やんな~一番ピュアなんじゃない??とすら思うこの頃でしたvv(*^_^*)v

    返信削除
    返信
    1. >SACHICOさん

      コメントありがとうございます(´∀`)
      そして一気読みお疲れ様でした♪

      アイビー、強行手段に出ましたよねw
      これでもか!っていう。
      ロミオに対して、「あなたしかいないということを信じて!」っていう気持ちが一番なんだと思いますが、SACHICOさんのおっしゃるとおり、ジーンに対して「ロミオ一筋なんです」という思いもあるのかもしれませんね。
      ビッチ感、たしかにw
      ジーンからしてみたらこれは痛いですよね~。
      ティーン時代のアイビー、あんなに純真無垢だったのに・・・。
      変わってしまった、と思うかもしれませんね。

      そんなことがあってすぐララを呼び出すジーンw
      珍しくモヤモヤしたジーンでしたw
      しかし逆に呼ばれて上機嫌なララは飲みすぎてベロベロ状態!
      まるで昔のマリアをのよう・・・。
      そしてホテルを誘うララ・・・こっちもビッチ!(おい
      ホテルのバーって・・・閉店早いですよね( ̄ー ̄)ニヤリ
      間違いがあるのかないのか、乞うご期待!

      そしてローガンは久しぶりにリアと会うのか?w
      最近出番少ないですからね(´∀`)
      最初ただのビッチだったのに、いまでは一番のピュアかもしれませんw

      削除
  3. なで肩さんこんばんは^^
    最初のアイビーちゃんにビックリなんですけどーΣ(・ω・ノ)ノ!
    ジーンくんとマロンちゃん入って来てもあの調子であの絡み方ww
    らしくないと言うか、もう色々一杯一杯なんでしょうねww
    てかロミオさん本当にいちいち憎たらしいな!!
    すきなくせに、ああいう愛情表現しかできないっていうか、本人は惚れてる事を認めてないのかな?
    分かってるんだけど、素直になれないのか、もう色々なんなんだだらけですよww
    それでもアイビーちゃんは好きなんだからね・・・(´・ω・`)
    完全に洗脳の域ですよねwwww
    アイビーちゃんのその一言が、なかなか言えないんですよね~。
    もし言ったら、ロミオさんは何て返すのか、気になりますけどねww

    そしてララちゃんww
    ジーンさんとのデートでそんな酔っ払ってしまって、え?!ホテル?!
    ホテル行っちゃいそうなんですけど、まさか一線を越える事になったらどうしようwww
    ジーンさん、そういう人じゃないと思いますけど、ジーンさんだって男ですしね・・・
    いや~どうなるのかな?!
    怖い!!

    そしてなで肩さん、今年は本当にお世話になりました~(^▽^)/
    仲良くしていただいて本当に嬉しかったです(*´∇`*)
    来年も、素敵なストーリーを期待していますよ~(*^▽^*)
    そして来年も宜しくお願いしますね~♪
    ではではよいお年を~~~ヽ(^◇^*)/

    返信削除
    返信
    1. >ゆきさん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      アイビー、いきなり自らブチューしちゃいましたw
      もう強行突破ですよね(;^ω^)
      マスターの言葉を受けて、アイビーなりにいろいろ考えた結果なのかもしれません。
      言葉で伝わらないなら行動で!っていう。
      だからこそジーンたちが現れても動じない。
      前日にロミオがしたことを、嫌がらずに自ら行動する、それがアイビーなりの答えだったのでしょう。
      しかしロミオはひねくれ者なのでやはり受け入れず(;´Д`)
      いつまですねてんだこの男は~ヽ(`Д´)ノプンプンてカンジですよね(;´∀`)
      アイビーも、最後の質問ができませんでしたね~。
      ロミオに捨てられるのがこわいのかもしれません。
      どんなにいやなことをされても、愛情があるうちは、やきもちを焼いてもらえるならそばに、と思っているんでしょうね~。

      しかしそれを目撃し、アイビーの気持ちを悟ったジーンはさっそくララを呼び出しましたよ(;^ω^)
      そして調子に乗ったララがホテルへ誘うw
      一線を越える、どうでしょうね~( ̄ー ̄)ニヤリ
      こんな微妙なカンジで年越してしまいましたwww

      こちらこそお世話になりましたよ~m(__)m
      ゆきさんのあたたかいコメント、いつも本当に嬉しく思っています。・゚・(ノД`)・゚・。
      お忙しいなか毎回足を運んでいただいて本当にありがとうございます!
      来年もがんばります\(^▽^)/
      2013年もよろしくおねがいしますね(ノ´∀`*)

      削除