2013/11/03

君を想う





























久しぶりに店を開けたマスターが誰もいない静かな店内でグラスを磨く。


















マスター「・・・・。」


車の立ち去る音に気づき、ゆっくりと顔をあげる。
















涼やかなチャイムの音が響き、女性が入ってくる。



















マスター「待ってたわ。」



















ミランダ「来るってわかってたみたいな言いぐさね。」

マスター「もちろんよ。」

ミランダ「あいかわらずねマスター。」















ミランダがカウンターに座る。


マスター「あなたはもう大丈夫のようね。」

ミランダ「強くなきゃやってられないわよ。」

マスター「何にする?」

ミランダ「お酒飲めない状態ってわかってるんでしょう?」










マスター「残念ね。あなたの好きなコーヒー、仕入れたばかりなのに。」

ミランダ「あいかわらず意地悪なんだから・・・。ミックスジュース、あるかしら?」

マスター「了解。」













一ヶ月が過ぎた。







































アイビー「ん・・・・。」


アイビーがベッドから体を起こす。
















ゆっくりとした足取りで寝室を出る。
キッチンからは人の気配がする。


















アイビー「ラト・・・・来てたんだ?」

ラトーシャ「あ、起こしちゃった?」

















アイビー「ううん・・・。大丈夫。」

ラトーシャ「ご飯だけ作りに来たんだ。食べれる?」

アイビー「うん。ありがとう。」

ラトーシャ「冷蔵庫に今入れたばっかりだから、すぐならチンしなくても大丈夫だと思う。」

アイビー「わかった。」











ラトーシャ「今日はディーンが日勤だから、またすぐ戻らなきゃいけなくて・・・ごめんねゆっくりできなくて。」

アイビー「別にいいのに。わざわざ作りにきてくれなくても・・・。」

ラトーシャ「私が顔みたいだけだから、気にしないで。」














アイビー「うん・・・・。ごめんね、いつも・・・・。」


アイビーが力なく笑う。
















ラトーシャ「 (アイビー・・・痩せたな・・・・。) ねぇアイビー・・・。」

アイビー「うん?」

















ラトーシャ「ちゃんと、食べてる?」



















アイビー「うん。食べてるよ。」



















ラトーシャ「そっか・・・。もしリクエストあったら作るから、遠慮なく言ってね。」

アイビー「うん。ありがと。」
















ラトーシャ「あ、明日の朝はマロンさんが来てくれるって。」

アイビー「そうなんだ?」

ラトーシャ「じゃあ私そろそろ帰るね。」

アイビー「うん。いろいろありがとう。気をつけてね。」

ラトーシャ「うん。」












ラトーシャがバッグを手に階段を下りていく。



















アイビー「・・・・。」




















玄関が閉まる音を聞いてからアイビーがキッチンの冷蔵庫を開ける。


















ラトーシャの作った料理をテーブルに置いて席につく。



















アイビー「いただきます・・・。」


小さく声に出してから料理を口に運ぶ。
















2、3口食べるとゆっくりとフォークを置く。
皿にはまだ料理が残っている。
じっとそれを見つめる。

















ゆっくりと立ち上がり、皿を手に取る。



















そのままバスルームへと移動する。



















おもむろに料理を流し入れ、急いでトイレの水を流す。



















アイビー「 (ごめんねラト・・・・。) 」



















アイビー「 (食欲ないんだ・・・・。残すとみんなが・・・心配しちゃうから・・・・。) 」





































ラトーシャ「ただいま~。」


玄関のドアを開けてラトーシャが帰ってくる。
















ディーンはリビングで映画を見ている。


ラトーシャ「ディーン帰ってたんだ?」
















ディーン「あ、おかえりラト。」

ラトーシャ「ただいま。」

ディーン「帰りにDVD借りてきたんだ。一緒に見ようかと思って。」

ラトーシャ「そっか。おなかすいてない?すぐご飯にするね。」













ディーン「いいよ。どっか食べに行こうぜ。ラトも疲れてるだろ。」

ラトーシャ「大丈夫だよ?」

ディーン「それよりアイビーのやつ、どうだった?」















ラトーシャ「うん・・・。ひどくなってると思う。」

ディーン「そうか・・・。」

ラトーシャ「たぶん・・・ほとんど食べてないよ。どんどん痩せてきてるし、肌に潤いないし・・・・ずっと眠ってる。」

ディーン「・・・・・。」












ディーン「ごめんなラト。ラトもつらいよな・・・・。」

ラトーシャ「ううん。私はいいの。少しでも・・・役にたてるなら。でもアイビー・・・このままだと・・・。」

ディーン「そうだよな・・・。」














ラトーシャ「お義父さんたちには言ったの?」

ディーン「言えるわけねぇよ・・・。」

ラトーシャ「でも・・・病院に入れることも考えないと・・・・。」

ディーン「そうだけど・・・・あいつ絶対嫌がるだろうし・・・。」

ラトーシャ「そうだよね・・・。」












ディーン「さすがにそれは最終手段かな・・・・。」

ラトーシャ「うん・・・・。」

ディーン「むしろ倒れてくれたほうが、入院させやすいんだけどな。」

ラトーシャ「ディーン・・・。」












ディーン「ホント・・・どうすりゃいいんだか・・・・。俺双子なのに・・・・なにもしてやれない・・・・。」

ラトーシャ「ディーン・・・・。」

ディーン「ダメな兄貴だよな・・・・。こんなに近くにいるのに・・・・俺だけなのに・・・・。」













思わずラトーシャがディーンに抱きつく。


ラトーシャ「そんなことない。ディーンは精一杯やってるよ。」

ディーン「そうかな・・・・。」

ラトーシャ「誰だって無力だよ・・・私だって・・・・。でもどうしようもないんだよ。」











ラトーシャ「アイビーの苦しみはきっと誰にもわからないよ。愛する人を亡くした者じゃないと・・・わからない苦しみだもん。」

ディーン「・・・・。」

ラトーシャ「きっとどんなにつらいか・・・・。私だったら・・・・ディーンに先に死なれちゃったらきっと生きていけない。」













ディーン「俺もだ。ラトがいない人生なんて・・・もう考えられない。」

ラトーシャ「ディーン・・・絶対に、私を置いて先にいかないで・・・・。」

ディーン「ああ。そのときは二人一緒だ。」














ラトーシャ「その頃はきっと・・・たくさんの孫や曾孫に囲まれていたい・・・。」

ディーン「ああ。そうだな。」

















翌朝。




















アイビーがぼーっと窓の外を眺めている。



















マロン「おはよ~。」


階段をあがってマロンが部屋へ入ってくる。
















マロン「アイビーちゃん、なに見てるの?」

アイビー「・・・・!」


ようやくマロンの存在に気づいたアイビーが振り向く。














アイビー「マロンちゃん、おはよう。」

マロン「おはよう。早いね。もう起きてたんだ?」

アイビー「うん。いっぱい寝たから。」















マロン「寒くない?10月に入って一気に風が冷たくなったよね。」

アイビー「家から出てないからわからないけど・・・たしかに窓際はちょっと寒いかな?」

マスター「アイビーちゃん薄着だから風邪引くよ~。」















アイビー「部屋の中はあったかいから大丈夫。それよりマロンちゃん、今日仕事は?」

マロン「今日は休みなんだ~。だから遊びに来ちゃった。」

アイビー「そっか・・・。いつもありがとう。」














マロン「外見てたの?」

アイビー「え?」

マロン「今日も曇り空だねぇ。最近ずっと、雨か曇りかばっかりだよねぇ。」















アイビー「そうだね・・・・でも。」

マロン「?」

アイビー「私はこっちのほうが好きかな・・・・。雨も・・・ホントは結構好きなんだ・・・・。」














マロン「・・・・ロミオちゃんのこと、思い出してたの?」

アイビー「・・・・・。」

















アイビー「・・・ねぇマロンちゃん。」

マロン「うん?」

アイビー「どうしてかなぁ・・・・。あんなに眠ってるのにね。」

















アイビー「夢にも出てきてくれないんだぁ・・・・。相変わらず意地悪だよね・・・・。」



















アイビー「困ったねぇ・・・・。」

マロン「・・・・っ。」


マロンは喉の奥がきゅっと苦しくなるのを飲み込んだ。














マロン「ねぇアイビーちゃん。」

アイビー「・・・?」

マロン「たまには出かけない?最近はもうマスコミもいないし。外出ても大丈夫だよ?」














アイビー「う~ん・・・・やめとく。」

マロン「そう・・・?」

アイビー「ごめんね。今日はそういう気分じゃないんだ。」















マロン「そっか。ならしょうがないね。」

アイビー「マロンちゃんでかけてきていいよ?せっかくのお休みでしょう?」

マロン「いいの。僕はアイビーちゃんと遊ぼうと思って来たんだから。」













マロン「DVDいっぱい借りてきたんだ。アイビーちゃんの好きなSFとアクションばっかり。あと僕のオススメのコメディーも何本かw」

アイビー「ホント?嬉しい。」

マロン「一緒に観よっか。」

アイビー「あ~・・・・でもうちパソコンしかモニターないよ?」

マロン「そう思って僕家からプロジェクター持ってきたんだw」

アイビー「すごいねw 私、先にシャワー浴びてきてもいいかな?」

マロン「うん。その間に準備しておくね。車に積んであるから。」









アイビー「うん。楽しみ~。」

マロン「ゆっくりでいいからね。」

アイビー「は~い。」


アイビーがバスルームへと移動する。













マロン「 (アイビーちゃん・・・・ごめんね・・・・。) 」




















前日の夜。


マロン「お疲れ~。先に帰るね~。」


メイクルームを出たマロンとジーンがスタジオへと入ってくる。














ギルバート「あ、飲みに行くなら俺も行きたいっす。」

マロン「今日は行かないよ~。また今度ね。」

ギルバート「ちぇっ・・・。お疲れっす!」

ジーン「お疲れ様。」














ジーン「マロンちゃん。」


エレベーターを待っているとジーンが後ろから声をかける。















マロン「なに~?」

ジーン「アイビー、元気ですか?」

マロン「・・・・。」

ジーン「明日も行くんですよね?アイビーのとこ。」













マロン「ジーンくん、アイビーちゃんに電話なんかしてないよね?」

ジーン「・・・してないです。」

















ジーン「葬儀のあと、一度も連絡とってないですよ。」

マロン「僕との約束、ちゃんと守ってくれてるんだ?」

ジーン「・・・はい。」














ジーン「母さんが気にしてて・・・アイビーは大丈夫かって。」

マロン「アイビーちゃんなら大丈夫だよ。気丈に振舞ってる。見ていて泣けるくらいにね。」

ジーン「・・・・。」

マロン「だから絶対にアイビーちゃんにはもう連絡しないで。ジーンくんは必要ないから。」












マロン「アイビーちゃんが弱ってるときに・・・ジーンくんが付け入るみたいなことしたら僕・・・・絶対に許さないから・・・・。」

ジーン「・・・・。」

マロン「僕はロミオちゃんがカメラマンになる前から知ってるし、親友だと思ってたんだ。だから・・・そんなことしたらジーンくんのこと、一生許せないから・・・・。」













マロン「ジーンくんのことは仲間だから信頼してるし好きだよ。でも・・・男だから・・・アイビーちゃんのこと好きなのも知ってるから信用できない。」

ジーン「・・・・。」

マロン「僕との約束、これからも守ってよね。」














マロン「今日は先に帰るね。」

ジーン「はい・・・。」


マロンがエレベーターに乗り込む。























































マロン「 (ロミオちゃん・・・僕は間違ってないよねぇ・・・・。) 」



















マロン「 (ロミオちゃん・・・・話したいよ・・・・。) 」










6 件のコメント:

  1. なで肩さんこんにちは^^

    今回もまた、アイビーちゃんを取り巻く皆の心情が本当に何とも言えない気持ちで見ていて辛かったです(´・ω・`)

    ミランダさんも参ってるはずなのに、気丈に振舞ってますね。
    マスターの所にやってきましたが、マスターも来ると分かっていたようで・・・

    そして1月後、アイビーちゃんは相変わらず憔悴しているようですね(´・ω・`)
    ラトちゃんが心配で毎日通ってるようですが、心配でたまらないんですよね。
    アイビーちゃんも弱っている姿は見せないように振舞っているけど、せっかく用意してくれた食事もやっぱり喉を通ってなかったか・・・。
    ディーンくんも心配ですよね・・・兄妹でも何もしてやれないって・・・
    でもこの場合、仕方ないですよね。
    本人の立ち直るのを待つしか。
    周りのみんなで支えてあげてるってだけでも、アイビーちゃんは有り難いと思ってくれてるとは思うけど。
    お医者様だけあって、倒れてくれた方が・・・っていう気持ちも分かる。

    そしてマロンちゃん、だいぶアイビーちゃんの事を心配してますね。
    前日のジーンさんとのやりとりが・・・
    やっぱり、それは思ってたんですね、マロンちゃんはジーンさんが付け入るかもしれないんじゃないかって事を。
    確かにそうなったら許せないですよね・・・分かる。
    ジーンさん的にも、弱ってる時に元気付けてあげたいって気持ちはあるだろうけど、実際そういうつもりはなくても近付いて弱い姿見てしまったらまた分からないですもんね・・・
    本当に辛いですよね、みんな・・・(´・ω・`)

    返信削除
    返信
    1. >ゆきさん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      今回もストーリー的に落ちてる話なので読む側はちょっとつらいですよね(;^ω^)
      ミランダのほうは、妊娠のこともあって「しっかりしなきゃ」って気持ちが強いみたいですね。
      泣いてる暇はないそうですw
      マスターは前回の登場のときに「大事なお客さんが来そうな予感がする」と言ってたんですが、その日の晩ですねこれ。
      なので大事なお客さんっていうのがミランダのことだったりします。

      逆にアイビーのほうはかなり落ちちゃってます(;´∀`)
      基本的にラトとマロンちゃんとマスターが代わる代わるお世話してるカンジなんですが、たぶんこの子ひとりぼっちだとなにも食べないしなにもしないで衰弱していきそうなので、3人がお世話にきてますね(;´∀`)
      しかしラトの料理もほとんど手をつけずそのまま捨ててしまう始末(^ω^;)(;^ω^)
      食べ物を粗末にしてそのうち罰が当たりそうでこわいんですがwww
      ラトも気づいているようで、ディーンにはそのまま伝えてますね~。

      そうなんですよ、ディーンは医者だからこそ「倒れてくれたほうが強制的に入院させられる」ってことをよくわかっているんですよね。
      病院に入るのは家族の同意があっても本人が嫌がったらムリですしね~。
      病院だったら常に誰かそばにいてくれるし、食事もいまよりはまともに食べてくれるんじゃないか、という考えですね。
      あとはやっぱりメンタル面での治療が大事ですよね。

      マロンちゃんはアイビーとロミオのことも、初期から知っているわけだし、ロミオとはかなり親交も深かったので、アイビーにというよりはロミオに対する想いが強いんですよね。
      そのロミオが愛した女性なのでアイビーのことも、仕事仲間としてだけではなくすごく信頼していて。
      なのでマロンちゃんは結構前からジーンのことを気にしてたんですよねロミオの生前の頃も。
      ジーンくんの気持ちはわかるけど、手は出さないでよねっていうカンジのことを前から思っていたけど、今回ロミオが亡くなってその気持ちが強く出てしまって、ジーンに対してはすごく警戒しているし敵対心みたいなものを向けちゃってるんですよね。
      でもマロンちゃん自身、そんな自分にもちょっと嫌気がさしていて、アイビーのことを考えたら自分のしてることが正しいのかもわからなくなってきていますね。

      今回のタイトルの「君を想う」は、いろんな人がアイビーやロミオに向けた気持ちでもあるんですが、一番マロンちゃんがロミオを想う気持ちが強いです。
      なにげにマロンちゃんは昔ロミオに惚れてたんじゃないかなwww

      削除
  2. なで肩様.。.:*♡
    こんにちは.。.:*♡更新楽しみにしてましたっ╰(*´︶`*)╯♡
    アイビー見ていて痛々しいですね…
    もともと、モデルだから、細いのに更に痩せたとか…
    だって、ロミオさんと最後の会話と言うか、絡みがミランダさんが妊娠した!でしたもんね!
    それだけでも、現実逃避したいのに、そのまま帰らぬ人になるとか、想像を絶する思いですよね…
    ラトちゃんも、本当に良い親友で義姉になるんですかぁ?ラトちゃんも色々辛いこと乗り越えて、アイビーの為に頑張ってくれてますよね!
    マロンちゃんも…
    ジーンさんへのあの助言は何で何でしょう?アイビーとジーンさんがくっついちゃうのは、嫌なんですね!
    でも、きっと優しいマロンちゃんのことだから、理由があるはずですよね!
    ミランダさんも身体は大丈夫なんでしょうか?マスターとの話し具合では、赤ちゃん産む決意出来たっぽいですね!ミランダさんの身体も心配です!
    でも、アイビーには、ゆっくりでも、一歩ずつでも、前を向いて行ってくれたらなぁーって本当に思います!
    なで肩さぁーん.。.:*♡
    次回も楽しみにしてますねっ♡

    まみこ

    返信削除
    返信
    1. >まみこさん

      コメントありがとうございます(´∀`)
      一瞬誰かと思ってどきっとしてしまいましたwww

      そうなんですよね、アイビーがロミオと交わした最後の会話がミランダの妊娠告白で、アイビーは「嘘・・・」って言ったのがホントに最後になっちゃったんですよね~。
      アイビーもロミオが事故に会う直前に、自分の発言が否定的だったことをロミオが気に病んでいるんでは?と思って、ちゃんと話をしようと電話してたんですが・・・それさえも叶いませんでした(;´Д`)
      アイビーは一ヶ月以上仕事も休んだままどんどん痩せていってるので、このままでは仕事復帰も難しいですよね(^ω^;)(;^ω^)
      モデルはスタイル良くてナンボなので、ただのガリガリはダメだし・・・。

      ラトもいろいろあったけど、今はアイビーのことを一番に考えてくれてますね。
      幼馴染であり親友であり、さらにはラトにとって義妹にあたりますしね~。

      マロンちゃんはロミオがカメラマンになる前から知ってる(実はロミオよりかなり年上だったりしますwww)し、10年以上の付き合いになるんですよね。
      アイビーに、というよりはロミオに対する想いのほうがマロンちゃんは強いので、そのロミオの恋人であるアイビーのことをすごく信頼しているし心配しているんですよね。
      なので、まだ付き合いの浅いジーンのことは正直「手出さないで!ロミオちゃんのだから!!」ってカンジで思ってますね。
      というかマロンちゃんは昔ロミオに惚れてたのかもしれませんwww

      ミランダはマスターとの会話でおなかの子供を気遣っているような発言をしてますね( ̄ー ̄)ニヤリ
      彼女も決意が固まったのかもしれません。

      削除
  3. ふわりんご2013年11月9日 8:49

    マロンちゃん><
    気遣いすごくわかります。

    ジーンも側にいってあげたいと思うけど
    それはねぇ。

    うん、今は・・・・。

    たしかに誰か側にいてくれたらアイビーは楽になるかもしれないけど。

    うーん。

    ミランダさんは子供がいるから
    強くならなくちゃって思えるけど、アイビーには
    何も残ってないですからね。

    気持の切り替えできないですよね。

    変なことしなきゃいいけど><

    心配です。

    返信削除
    返信
    1. >ふわりんごさん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      マロンちゃんにとってはつらいですよね~。
      ジーンの気持ちもわからないでもないけど、マロンちゃんはロミオと親友だったのでどうしてもロミオ側についてしまうようですね。
      しかしアイビーのことを考えると自分のしたことが正しいのかどうかもわからなくなってるみたいですね。

      そうなんですよ。
      ミランダは一人じゃないので、強くいないと!っていう気持ちが強いししっかり立っていられるけど、アイビーは孤独を感じて喪失感が強いみたいですね。
      周りには心配かけないようにあまりそうは感じさせないように振舞ってますが、心のうちはどんなにつらいことか。
      周りのみんなもアイビーがおかしなことをしないか心配してますね。

      削除