2014/01/17

偽り

































ミランダが窓の外を眺めている。
ブリッジポートの空は曇り、激しい雨が窓を叩く。























ミランダ「 (雨は好き・・・。でも、今日はなぜだか気分が晴れない・・・・。) 」






















ミランダ「 (なんだか今日は・・・・憂鬱だわ・・・・。) 」
























アイビー「こんにちは~。」


玄関のドアが開いてアイビーが入ってくる。



















ミランダ「いらっしゃい。」

アイビー「ミランダさん、起きていらっしゃったんですね。」

ミランダ「ええ。雨すごいわね。大丈夫だった?」






















アイビー「はい。いつもタクシーで来てるので。」

ミランダ「そう。」

アイビー「朝ごはんはもう食べました?」

ミランダ「朝はいつも食べないの。コーヒーを一杯飲む程度よ。」

アイビー「そうなんですか。」
















ミランダ「それなあに?」

アイビー「あ、これですか?」





















アイビー「マタニティードレス、買って来たんですよ。」

ミランダ「マタニティードレス?」

アイビー「はい。バスローブじゃあ身体冷えるだろうと思って。」




















アイビー「最近のってすごいんですよ。種類も豊富で。」

ミランダ「・・・・。」

アイビー「どういうのが好きかわからなかったから、いっぱい買っちゃいました。」



















ミランダ「・・・・・。」

アイビー「スタイリストさんに聞いていろいろ教えてもらったんです。一応全部ブランド物なんですけど・・・ミランダさんが気に入るのがあればいいな~って。」




















アイビー「赤とか好きですか?よく着て・・・。」

ミランダ「必要ないわ。」





















アイビー「え?」

ミランダ「結構よ。私には必要ない。」

アイビー「でも、生地もすごくあたたかくて・・・。」

ミランダ「いらないっていってるでしょう。」


















ミランダ「悪いけど、今日はもう帰ってちょうだい。気分が優れないの。」


ミランダが階段をあがっていく。




















アイビー「 (おせっかい・・・だったかな・・・・。) 」























アイビー「 (私のせいで・・・・ミランダさん、怒らせちゃったのかな・・・・。) 」















































ギルバート「はい、オッケーっす~!」























アイビー「お疲れ様でした~。」

ギルバート「お疲れっした~。」




















アイビー「ギルは今日も泊り込み?」

ギルバート「いや、今日は帰れそうっす。」

アイビー「そうなんだ?お疲れ様。じゃあ着替えてくるね。」

ギルバート「はい。」



















アイビー「ふぅ・・・。」


メイクルームに入り一人になったとたん溜め息をつく。


アイビー「 (疲れたなぁ・・・。) 」



















衣装を脱いでハンガーラックへかける。


アイビー「 (ミランダさん・・・怒らせちゃったもんな。明日・・・・どうしよう・・・・。) 」




















アイビー「 (私やっぱり・・・・急接近しすぎだよね・・・・。ミランダさんだってホントは、私なんかには会いたくないのかもしれないし・・・・。) 」























突然ドアをノックする音が部屋に響く。


アイビー「ギル?」

ジーン「あ・・・俺。」

アイビー「ジーン?」

ジーン「ちょっといいかな?」

アイビー「ちょっと待って。」


アイビーが慌ててバスローブを羽織る。












ドアを開けると目の前にジーンが立っている。


アイビー「どうしたの?忘れ物?」

ジーン「いや・・・。」



















ジーン「ちょっと話したくて。これから時間ある?」

アイビー「・・・・大丈夫だけど。」

ジーン「ホント?飯でも食いに行かない?」



















アイビー「うん・・・。構わないよ。」

ジーン「そっか。じゃあ車で待ってる。」
























アイビー「わかった。メイク落としたいから、ちょっと時間かかるかも。」

ジーン「うん。ゆっくりでいいよ。」

アイビー「うん。」



















ジーンが立ち去る。

その後姿を見つめるアイビー。




















アイビー「・・・・・。」
















































ジーン「悪いな。つき合わせて。」

アイビー「うん。」






















ジーン「でも・・・ホントによかったのか?」

アイビー「なんで?」

ジーン「いや・・・ラーメン屋なんてさ・・・・。」




















アイビー「私こういうところのほうが好きだよ。」

ジーン「そうか?」

アイビー「うん。学生の頃はよく来てたよね。でも大学卒業してモデル業本格的にはじめてからは、なかなか来れなくなったんだよね。」


















ジーン「まぁそうだろうな。大学卒業後だろ?BiBiの専属になったの。BiBiは人気雑誌だし。」

アイビー「うん。おかげで名前も売れるようになったし仕事も増えたけど、こういう庶民的なお店にはなかなか来れなくなっちゃったんだよね。仕事関係の人と行くのはバーとかお洒落な店ばっかりだし。」

ジーン「付き合いもあるし大変だよな。」


















アイビー「ここ、すごくおいしいね。」

ジーン「だろ?よく来るんだ。」

アイビー「なんで教えてくれないの?もっと早く連れてきてほしかったな。」

ジーン「いや・・・ごめんw」

アイビー「ふふっw」
















アイビー「はぁ~・・・・なんか、こうしてると昔を思い出すね。」

ジーン「そうだな。」

アイビー「懐かしいな、学生の頃。あの頃が一番楽しかったな・・・・。」


















ジーン「実家には帰ってるの?」

アイビー「なかなか・・・。でもこの前帰ったよ~。ララの出産お祝いに。」

ジーン「そっか。産まれたってメール来てたよ。」

アイビー「連絡とってるんだね。」

ジーン「ああ。たまにメールするくらいだけど。」














ジーン「ララちゃんも大変だよな。一人で産むなんて。」

アイビー「そうだね~。でも両親もいるし、大丈夫だよララなら。」

ジーン「しっかりしてるもんな。」

アイビー「うんうん。」

ジーン「なぁ、アイビー。」

アイビー「うん?」












ジーン「こないださ、なにか言いかけただろ?」

アイビー「・・・・・。」

ジーン「俺がなんでもいいから相談してほしいって言ったとき。」

アイビー「あ~・・・・。」

ジーン「続き、聞かせてよ。」















アイビー「ん~・・・・たいしたことないんだよ。」

ジーン「・・・・たいしたことなくてもいいからさ。」

アイビー「うん・・・・えっとね。」

ジーン「うん。」
















アイビー「ちょっと・・・・仕事のことで・・・・。」

ジーン「仕事?」

アイビー「うん。映画の・・・オーディション受けてみないか~って誘われてて・・・・。」

















ジーン「それ、たいしたことあるだろ。」

アイビー「そ、そうかな?」

ジーン「そうだよ。女優目指すのか?」

アイビー「いや・・・でも・・・・私はあんまり興味なくて・・・・。」

ジーン「そうなの?」















アイビー「でも・・・・社長が乗り気だから・・・・最近レッスン受けてるんだ。」

ジーン「へぇ~。大変だな。」

アイビー「うん・・・・。」



















ジーン「女優かぁ~・・・。益々遠くなっていくな・・・。」

アイビー「そんなことないよ?昔と変わらないでしょ?」





















ジーン「たしかに。この店に居てもあんまり違和感ないもんなw」

アイビー「でしょ?ノーメイクだと気づかれないねw」

ジーン「服装がナチュラルすぎるんだよアイビーは。」

アイビー「そうかなぁ?」

ジーン「今日は特にな。」
















ジーン「そろそろ行くか。」

アイビー「うん。おなかいっぱい!」

ジーン「送っていくよ。」



















雨の中を一台の車が走る。

朝よりはだいぶ雨足も弱くなっていた。






















アイビー「苦しい~。食べ過ぎちゃったw」

ジーン「大丈夫か?こんな時間にあんなもん食って。」

アイビー「ちょっと太れって言われてるからいいんだよ。」

ジーン「そっかw」


















ジーン「最近どう?」

アイビー「うん。仕事もだいぶ落ち着いてきたよ。まだあんまり仕事入れてもらえないけど。」

ジーン「そうか。」

アイビー「メディアへの露出は避けてるから、ファッション誌ばっかりだけどね。」


















ジーン「大変だったもんな。復帰後も追いかけられたりしただろ?」

アイビー「そのへんは大丈夫。アンナさんが護衛つけてくれたし。うちの事務所、ちゃんとモデルのこと守ってくれるから。」

ジーン「事務所に恵まれたな。」

アイビー「うん。」
















ジーン「ホント、アイビーは周りの人間に恵まれてるよな。俺もそうだけど。」

アイビー「そうだね。」

ジーン「葬儀の後・・・俺会いにいってやれなかったけどさ。」



















アイビー「・・・・。」

ジーン「マロンちゃんたちが毎日行ってたんだろ?」

アイビー「うん・・・。」



















ジーン「できれば俺も、行きたかったんだ。」

アイビー「・・・・。」

ジーン「でもさ・・・それはまずいって思って。」

アイビー「・・・・。」

ジーン「マロンちゃんにも止められてたし。」
















アイビー「そうなんだ?」

ジーン「うん。ホントは・・・今も止められてるんだ。」





















アイビー「え・・・?」

ジーン「近づくなって言われてるんだ。アイビーに。」

アイビー「・・・・。」

ジーン「マロンちゃんはロミオさんの親友だったから・・・・許せないんだと思う、俺のこと。」


















アイビー「そんなこと・・・・。」

ジーン「いや、俺がマロンちゃんの立場でも、きっと同じこと言ってたと思うし。」

アイビー「・・・・。」


















ジーン「でもさ、俺たちって・・・親友だよな?」

アイビー「・・・・・。」

ジーン「そう思ってても・・・・いいかな?」

























ジーン「だから、前みたいに・・・・なんでも相談し合える仲でいたいんだ。」

アイビー「・・・・うん。」

ジーン「仕事の愚痴でもいいし、なんでも・・・・くだらないことでもいいからさ。頼って欲しいんだ。」

アイビー「・・・・うん。」















ジーン「これから、お互いに遠慮はナシ、な?」

アイビー「うん。わかった。」

ジーン「俺も、アイビーに母さんのことで頼ることもきっとあるから。」

アイビー「うん。」










































玄関を開けてジーンが自宅へと入ってくる。


ハイジ「ニャ~。」


ジーンの元へ猫のハイジが駆け寄る。


















ジーン「ただいま~。遅くなってごめんな。」

ハイジ「ニャ~。」


ジーンがハイジを抱き上げる。


















ジーン「起きて待っててくれたのか。ありがとな。」


やさしく頭を撫でるとハイジがゴロゴロと喉を鳴らす。






















ハイジを抱いたまま自分の部屋へと入っていく。





















ジーン「いい子だ。今日はもうお休み。」


ジーンがベッドへとハイジをおろす。




















ハイジが身体を丸めて眠りに付く。
























ふと壁にかけてあるアイビーのポスターを見やる。


ジーン「・・・・・。」



















ジーン「 (ずるいのは俺だ・・・・。全部・・・・言い訳にして・・・・・。ホントは傍にいたいだけなのに・・・・。) 」























ジーン「 (親友なんて言葉で、誤魔化してるだけだ・・・・。) 」















































アイビー「 (嘘ついてごめんジーン・・・・。でも・・・・ジーンだけは・・・・巻き込んじゃだめなんだ。) 」






















アイビー「 (一番巻き込んじゃ・・・・ダメな人なんだ・・・・。) 」























































6 件のコメント:

  1. SACHICO2014年1月18日 1:40

    こんにちわーv感想を書くのは久しぶりな気がします
    そんなSACHICOです(*'ω'*)

    今回も読ませて頂きましたv!
    アイビーちゃん…健気と言うか献身的にミランダさんに尽くしていますね
    でもなんだかミラさんがああいう態度取っちゃうのも分かる気がするな~
    ウザイ子を通り越して本当に良い子なんだって言うのが本気で分かると何だか…
    そんな良い子をウザイとか思ってた自分が惨めで寂しい人間に思えてきちゃうんやろうかな…

    きっとミラさんには今までロミオ以外そう言った人が周りにいなかったからか
    (本人もホイホイ人に心を開くタイプでもないやろうし)
    彼女自体、実は嬉しいと思う反面信じるのが怖かったりするのもあるんかな?とも思います

    でも、正直ね!?
    イチ読者と言うか、リアルに考えてみたところ
    赤ちゃんの父親の婚約者…すなわち自分が浮気相手であっちが本命…
    そんな本妻様に貴女の力になりたいんですって良い人オーラMAXで近づいてこられても怖いさっ!?(笑)
    え、コイツ…隙を付いて毒でも盛るんじゃないだろうな…と完全に警戒してしまいそう…

    アイビーちゃんの立場だとしても、亡くなった婚約者の浮気相手が妊娠
    しかも生むとかっ…!あのクソ女めっちゃ憎いわ~ギリギリってなっても不思議じゃないですし
    さっちゃんなら、出来れば傑作級に不細工な子供が生まれてきますようにってお星さまにお願いしちゃう(最低だぞこいつ)

    でもって、ジーン!!!!うふぉっ…!!
    終始、警戒中……マロンちゃんに釘刺されたのにコイツ…vvv
    むしろマロンちゃんに釘刺されたことをアイビーにチクってるじゃないかwww
    なんて腹黒い!!!そうしてでも話したかったし力になりたかったし…

    言うてしまえば、マロンちゃんが言える立場でもないのは分かっているんだけども
    でも!どうしてもジーンが弱ったアイビーに付け込む気満々にしか見えないんだ~(叫び)

    そして安定のラーメン屋www
    庶民派のアイビーwwでも、彼女も人気雑誌の看板モデルやし
    映画の話まであって、メディア人として遠くに行ってしまう…そんな気がするのも仕方ないですよね
    どんどん雲の上の存在になっちゃう俺達のアイビーから皆のアイビーになっちゃう…

    ジーンがモデルのキッカケを与えて、発掘した人ではあるんだけども
    ちょっと複雑な気持ちになるのは分かります、なんか自分なんかが彼女と…って思い始めて引いちゃうかも
    (でもやってる事は全然ガッツリ系なジーンww)

    いや、でもアカン…今回のジーンは個人的にはアカン…
    マロンちゃんを落として自分を上げてね?vvvと思っちゃったwww
    別にアイビーを好き、アピールしたいだとかどーのこーのの個人的気持ちに
    いくら元婚約者の親友だからって、いちいちマロンちゃんに許可取る必要はないんだけどさっ…

    わあああんっ!!!なで肩先生ー!!!
    サチコは!サチコは!ジーンちっくしょー!!な状態ですwwww
    ロミオの時もチッ!この柔道野郎め!!とか言ってたけど今回はチッ!このラーメン野郎め!!
    と思っています

    また次回も楽しみにしてますv♪


    返信削除
    返信
    1. >SACHICOさん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      アイビーは宣言通り、ミランダの家に通い妻(お手伝いさんw)してますね~。
      ミランダも最初は「なんだこいつ・・・。」ってカンジでしたが、今日は機嫌が良くないのもあって、アイビーのおせっかいぶりにちょっとイライラしてしまったようですね。
      ホント、ウザさを通り越して・・・ってカンジでしょうね。
      正直いまのところ、アイビーもミランダも、お互いなにを考えてるのかわかりませんよね。
      普通に考えたら、フィアンセ(つまり本妻)であるアイビーが妾(浮気相手)のミランダの元へせっせと通って世話を焼いてやることなんてありえませんからね!!
      アイビーはバカがつくくらい素直なので、ミランダに話したことが全部本心でありすべてなんですよね。
      でもミランダはわりと普通の人間(アイビーに比べればねw)なんで「何言ってんだこいつアホなのか?」と思いつつも、「よしじゃあこいつがどんな人間か見てやろうロミオの選らんだ女だし」っていう好奇心もあり、あとはなにげに嫉妬もあるんですよね。
      この人はプライドが高いので表には一切出してませんが。

      そしてジーンですよw
      マロンちゃんにあれだけ言われたにもかかわらずアイビーに近づいてますねwww
      この人紳士ぶってますが腹黒いですよねやってることがwwww
      気づいてないのはアイビーだけでwwww
      マロンちゃんのこともチクってるしwww
      なんかしかも「マロンちゃんは悪くない、俺が悪い」みたいなこと言ってるしwwww
      ダメだ自分でも笑えてくるジーンの腹黒さかげんにwwww

      たしかに、マロンちゃんにも誰にもなにかを制限する権利はないんですよね。
      むしろこのままジーンがアイビーを心の支えになってあげて二人がそのままカップルになったほうが、普通に考えたら自然というか。
      よくありますよね、亡くなった主人の親友が奥さんを慰めているうちにいい仲に・・・っていう。
      あんなカンジでw
      でもマロンちゃんからしてみたら、アイビーがジーンに頼るのもやっぱり「ロミオを裏切った」みたいな気がして気分よくないのかもしれません。
      どっちにしろ、マロンちゃんにしてみたらこの二人がカップルになるのはあまり嬉しくないかもですね~。

      ラーメン野郎フイタwwww
      この店の店名「ラーメン馬鹿野郎」ですからねw(以前ジーンがララを連れて行った店と同じ
      アイビーはいつかジーンの腹黒さに気づくときがくるのか!!
      乞うご期待!(そうなのか?

      削除
  2. なで肩さんこんばんは^^

    ミランダさんは本日はご機嫌が宜しくないようですね~(´・ω・`)
    マタニティーブルー?というのは置いて置いても、アイビーちゃんが買って来てくれたマタニティドレスを一緒にキャッキャ見て着てくれる~ってイメージ湧かないって言うか、妊婦であろうとその辺の信念は貫き通すって感じするもんなぁ。
    アイビーちゃんは前回バスローブ姿を見て、「妊婦さんがこの格好じゃ良くない」と素直に思って買って来てくれたのに、結局おせっかいのかたちになってしまいましたか・・・(´・ω・`)
    なんか可哀想・・・

    そしてお仕事の撮影後もやっぱり気になってるみたいですね・・・
    本当に2人の関係が関係だけに、難しいですよね。
    そこへ何とジーンさんがやって来ましたかw
    もしかして前回、聞き掛けたことを聞きたくて・・・と思ったら案の定でしたねw
    やってきたのがラーメン屋さん(笑)
    前もこういうところ来てた事ありましたよねw
    ラーメンすするアイビーちゃん、ノーメイクですっかりオフモードですね~♪
    いつも華やかな世界にいるから、かえってこういうところの方が落ち着くんでしょうねw
    そしてやっぱり話は例の話へ・・・
    どう切り返すかな~と思ったら、オーディションの話にしちゃったんですねw
    ですよね~、やっぱり言えませんもんね・・・

    帰りの車内で・・・
    マロンちゃんとのやりとりも伝えつつ、それでも親友と言う言葉でやっぱり側にいたいジーンさん・・・
    やっぱりそう来てしまいましたか(´・ω・`)
    ホントに好きなんですもんね、どんな形であれ、卑怯でも・・・っていうのはとっても分かりますよ。
    だって好きなんだからしょうがないそれは( ´△`)

    返信削除
    返信
    1. >ゆきさん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      ミランダは妊娠中のせいか機嫌が悪いみたいですね~。
      たしかに、アイビーと一緒にキャッキャしながら服を選ぶところとか想像できませんよねwww
      そうそう、アイビーは前回訪問したときに「バスローブだと寒そう」とか考えていたので、外出できないミランダを思ってマタニティードレスを買ってきたみたいなんですが、おせっかいすぎたようですね~。

      モデルの仕事の間は顔には出さずに済んでますが、終わったとたんやはりミランダのことを考えて悩んでしまっていますね。
      そんな中帰ったはずのジーンがアイビーに会いに来てますw
      このラーメン屋は昔ララを連れてきたジーン行きつけのラーメン店ですw
      仕事関係の人たちとだとなかなかこういう庶民的な場所には来れないので、久しぶりにこういう場所で食事ができてアイビーは喜んでますねw
      そしてジーンはやはり前回聞き出そうとしてた話題へw
      結局アイビーは本当のことは言えず、オーディションだと嘘をつきましたね~。
      帰りの車内ではマロンちゃんのことをチクりつつ親友アピールのジーンwwww
      卑怯でも・・・とジーンの気持ちをわかってくれるゆきさんはやっぱり純粋だなぁ~と思いましたよ私はとっても!!
      そんなゆきさんが大好きです(ノ´∀`*)

      削除
  3. こんばんは、史生です。
    うわあ、ミランダさんキッツぅ…ああやっぱりどこか屈折してるんだろうな、素直になれないというか。
    素直になったらバカを見るというような子供の頃からの体験とかそういうのからアイビーちゃんの好意を素直に受け取れないところもあるんでしょうね。
    「哀れんでるの?馬鹿にしてるの?」って受け取っちゃうんでしょうね。常に上を目指してた人だから同情されるのはまっぴら御免って感じで。
    それにマタニティーブルーも追い打ちをかけて…アイビーちゃんのそれはおせっかいなんかじゃないよ~!
    なんか切なくて泣けてきました。
    北風と太陽作戦でもミランダさん手ごわいですね(笑)
    いや、でも、いつかきっとミランダさんがアイビーちゃんに心開いてくれると信じていますよ…!

    私ジーン君派なんで、彼を応援していますが、今回はちょっと「もうちょっとほっといたれよ!」と思ってしまいました。
    さすがに元彼だけあってアイビーちゃんの変化というか抱えている物があるかとかそういうのに敏感すぎて、力になりたすぎて焦ってるのかなって思いました。
    でも見守る愛ってのもあると思うんですよ。アイビーちゃんは今ロミオ氏という支えを失って、それを乗り越えて一人で立ち上がろうとして努力しているわけですから、危なっかしくて手を貸しちゃうんじゃ駄目だと思うし、アイビーちゃんだって望んでないでしょうしね。つかまり立ちして頑張ってる赤ん坊を危なっかしいからって抱き上げちゃうようなもんで、そういうの良くないですしね。
    アイビーちゃんがそういうの自分で乗り越えて、それでジーン君のほうをまっすぐ向いてくれるようになったら、きっとマロンちゃんもしぶしぶながら納得してくれるんじゃないかと思ってますが…。
    マロンちゃんもイジワルで言ってるんじゃないと思いますし…でもどうなのかはわからないですけど(^^;)
    今回も楽しませていただきました!
    何かものすごい寒波ですけどなで肩様のところは大丈夫でしょうか?
    お体だけはお気を付けくださいね!
    それではまた!史生でした!!(^^)

    返信削除
    返信
    1. >史生さん

      いつもありがとうございます(´∀`)
      今回ミランダは機嫌が悪かったようで素直にアイビーの好意を受け入れられなかったですね~w
      たしかに彼女は子供の頃不幸があって養護施設に入った記憶があるし、そのあともあまりいい環境では育ってないので、素直に他人の好意を受け入れられないところがあるでしょうね、信用できないというか。
      北風と太陽、まさにそんな感じですねwww

      史生さんはジーン派でしたね(*´∀`*)
      ジーン派はなかなか珍しいですw
      やはりジーン派の史生さんでも、今回のジーンの言動は「ちょっと待て!」ってカンジだったのですねwww
      この人は素直すぎてわりと自分の行動にもまっすぐな人なので、ついついセーブできずに追いかけちゃうんでしょうね(;´Д`)
      アイビーにしっかり振られて諦めがついたかと思ったらライバルであるロミオがいなくなっちゃいましたし、やっぱりアイビーのことが心配なんでしょうね~。
      アイビー自身も、ジーンの気持ちに気づいているだけに、この人だけは巻き込んではいけない問題だと思っているようですしね~。
      ジーンが一歩下がって見守っていてくれたほうがうまくいきそうな気はしますよね。

      私は関東住みなんですが、今年は寒いわりに雪が降らないですね(´・ω・`)
      振ってもみぞれ程度です。
      最近はノロウイルス問題で全国的に騒がれているようなのでお互いに気をつけましょうね!
      暖かいお言葉ありがとうございました~(*´∀`*)

      削除